FC2ブログ
平成の振り返り その3
2019/02/04(Mon)
今日は自分の平成史3回目、平成21年~現在までの振り返りをします。
と言っても大きな変化と言えば、結婚をしたということくらい。
結婚と早期リタイア という相性の悪い関係性を中心に書きます。

リタイアブログの中には、早期リタイアと結婚の両立は難しいとの考えから結婚は“してはいけないもの”のひとつとされていたりします。
たしかに独身はカネ、そして何よりも生き方の自由がきくので、その意見はごもっともなわけです。

もし結婚して、奥さんともどもリタイアできる資産があっても、その奥さんにお金の問題以外で強烈な反対を受けたら、それを無視して強引にリタイアすることはできません。
つまり結婚後のリタイアは、お金だけの問題ではなく、もうひとつ超えなければいけないハードルができるということ。

リタイア生活ができる資産を作り上げるのも大変なのに、それに加えて人を納得させるという任務が増えるのです。
お金の問題に加えて、相手が「人」という難しい問題を抱え込むことになります。

どうしてもリタイアを譲れない者にとっては、「それなら結婚なんてしなければいい」という結論になるのは自然なことといえます。

それなのにどうして結婚したか?
早期リタイアを延期してでも結婚したいと思えるほど、今の奥さんが結婚相手として良かったということ。
早期リタイアという特殊なw希望を持つ者にとって複雑な想いはありますが、総合的に考えて早期リタイアよりも結婚が優先したということです。

独身の方がこのブログを見ているかもしれないので触れておきますが、結婚する前にお付き合いしている相手に早期リタイアの強い希望を伝えるべきかどうか?
伝えて賛同してもらえたらそれに越したことはありませんが、わたしの場合はそこまではできませんでした。
夢としてそんなことができたらいい という程度のことは話しましたが、どうしてもやり遂げるという意気込みでは話していません。
それは結婚の話自体がなくなるリスクと向かい合うことになるからです。
そこはみなさん、お気を付けて。
早期リタイアはあくまで特殊な願望ですからw
わたしも不幸になるために早期リタイアをしようと思っているのではなく、その逆なので奥さんにも丁寧なプレゼンにより理解をしてもらえると考えていたわけです。

そして10年経った今どうか?

早期リタイアの魅力と安定した生活が持続できることを丁寧に説明して、ある程度の理解をしてもらっているという感じです。
大反対されていないだけでもありがたく、理解のある奥さんだと感謝しています。

わたしは以前からこのブログで40代後半でのリタイアを公言してきました。今現在、48歳になったばかりで資金面、奥さんの理解、会社のズタボロ度の高まりと早期リタイアの条件が整いつつあります。
ここから先はリタイア生活の不安面はできるだけ心の隅に追いやって、当初憧れたリタイア生活のキラキラ感だけを考えて楽しく過ごしたいと思っています。




この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
平成の振り返り その2
2019/02/01(Fri)
今日は自分の平成史2回目です。
今回は就職をした年、平成5年から平成20年までのお話しです。

就職していよいよストレス満載の生活が始まるわけですが「仕事つらいな」と思いながらも、22歳の就職当初から早期リタイアを目指していたわけではありません、さすがに。
毎日そう思いながら、この時期は“何か”を模索していた日々だったと思います、今思えば。

そしてその“何か”に気付き始めたのが27歳の時。

この時、わたしは仕事のストレスで職場で立ち上がることができなくなって一週間ほど入院してしまいました。
その一週間は何をするわけでもなく病院のベッドで横になっているだけなのでヒマ。
人間、忙しい時は何も考えることなく日々が過ぎ去るのですが、時間があるといろんなことを考えます。
わたしがその時に考えていたのが

このまま立ち上がれなくて、仕事ができなくなったらど

うなるのか?そうなった時に自分を助けてくれるも

のは何なのか?


ということ。

その時にたどり着いたというか、すぐ頭に浮かんだのはやっぱりお金の存在でした。
それしか思い浮かばなかったですね。
わたしは性格上、他の人に頼って生きる、というのは嫌いなので、良き伴侶を見つけて支え合うという答えはまったく頭の中になかったです。

しかしそうはいっても当時27歳の若造。
新車も買って趣味にもお金を使っていたので、当時の金融資産は800万円程度でした。このカネで何とかならないかと考えていたのを覚えています。
これが早期リタイアを考えた最初でした。

そうこうしているうちに、回復して普通に働けるようになったのですが、その時の不安な気持ちが強烈過ぎて、その後も自分の将来について考えることが多くなっていきました。
もし自分が健康であっても勤めている会社がなくなるかもしれないし、その働けなくなるリスクと「仕事つらいな」の感情が相まって早期リタイアの願望が大きくなっていったわけです、ハイ。

この“働けなくなる不安”はわたしだけではなく多くの人が感じる不安かもしれませんが、わたしはその入院のおかげで27歳という若い時期にそれを考えるきっかけができました。望んで入院したわけではないですが、このことが結果として、その後の自分に良い影響を与えることになります。

良い影響・・・そうです。そのリタイア願望が生まれてからは、貯蓄スピードのギアが上がることになるのです。
直後に運よく昇進をし、収入も大幅にアップしていったのですが。。
そううまくもいくはずもなく・・・30代に入ると会社から転居を伴う転勤を命じられ、慣れない環境で仕事もストレス度MAXの暗黒時代に突入します。。

しかし反面、金融資産はそこそこ増えていたので、そのストレスフルな日々から逃避すべく早期リタイアへの願望が本格化していきます。35歳頃の金融資産は3500万円くらいでした。
わたしは30歳で家を購入しているので、35歳頃はローン支払い真っ盛りだったのですが、それでいながら その金額まで持っていけたのは頑張ったほうだと思います。

これくらいの金額に到達すると、早期リタイアに現実味が帯びてくるのでお金のシミュレーションをするのも楽しくなってくる頃です。
わたしも運用利率が○%ならどうか?という具合に、毎日お金の計算ばかりしていたのを覚えています。

当時はまだ独身で結婚する予定もなかったことから、40歳前には経済的にリタイアできる状態になると考え、それを希望に仕事を続けていました。
しかし、その後結婚することになります・・・これは3回目の記事で。




この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
平成の振り返り その1
2019/01/28(Mon)
最近は、平成最後の○○とかいうキャッチフレーズが多いので、それに乗っかって自分自身の平成史を振り返ってみます。

今回は1回目ということで、平成元年~5年までを振り返ります。
平成元年~5年の期間というのは、わたしが高校卒業直前の18歳~大学卒業時の22歳 の期間になります。

昭和から平成に変わった時、つまり昭和天皇がお亡くなりになった時、わたしは高校3年生の1月。
ちょうど志望する大学への入学願書を出す時期だった為、その願書に昭和64年と書くか平成一年と書くか、どうすればいいのかというのが当時話題になっていたことを覚えています。
(一年じゃなくて元年と書くのが正しいとその後に知りました)
なんせ時代が変わるなんて初めての経験で、それが進学という人生の大事な時と重なって、ちょっとややこしかった記憶があります。

その後、大学に入学。
この4年間で経験したことは「人間って自由なんだ」ということ。
高校までは授業をはじめ多くのことは学校が組んだスケジュール通りにこなすことが基本。言ってみれば完全に受け身な立場。
しかし大学はどうか?
まず学ぶ講義を自分で選ぶことができる。講義の入れ込み方も自分が無理のない生活をするために、ある程度自分で決めることができるようになり生活の自由度がアップしました。

また、学業だけでなくアルバイトを始める時期でもあり、本当の意味での自分のお金を得ることができるようになったことで、カネの使い方の自由度は一気に広がり行動範囲も大きくなりました。
このように大学時代は学校で学んだ講義内容よりも、学校からの縛られ方がゆるくなったこと、バイトで得た万単位のカネを好きに遣うことができるようになったことで自由を得たことが大きい。

時間とカネの遣い方の自由・・・つまり早期リタイアを考える基礎の部分ができた時だったのかもしれません。

ちなみにわたしが大学生の時期は、西暦で言うと1989年~1992年にあたり、世はバブル景気真っ盛りではありましたが、当時の学生の自分にはまったく関係がなく何も恩恵はありませんでした。2、3年先輩はまったく就職に苦労しなかったとは聞きますが。
バブル期入社組が何かと批判されがちなので一言言っておきますが、バブルで潤ったのはその時に入社した世代ではなく、1990年当時にすでにカネを持っていた世代。つまり当時40代以上の人、今の70歳以上の人ですので勘違いしないようにお願いしますw

ともあれ4年間、このストレス控えめな生活が続き、自分の人生の中ではかなり楽しい時期でした。しかし、間もなく平成5年の就職の時期となります。これは2回目の記事で。



この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2018年の収支
2018/12/31(Mon)
今年も今日で終わりということで、2018年のお金の振り返りをします。

まず収入の方。
わが家の収入の柱は自分の給与がメインで、これは昨年と変わらず700万円台。嫁はパートで80万円くらい。
収入の方はどうってことありません。

問題は支出の方で大きいのが3つありました。
まず、2台の車の車検があり、これで26万円の出費。
さらにガス給湯器がぶっ壊れたことで11万円。
これで計37万円・・・これはでかい。

とは言っても、車検は予定されていたこと。
予定外のこと・・・それはみなさんと一緒ですw
はい、10月からの株価下落直撃です。

そんなこんなで資産集計し、昨年末比 上積み額が出ました。

プラス350万円

えっ?300万円台って何年ぶり??
この数字は記憶にありません。
がっくり(泣)

しかし、これはもう終わったことなのでどうしようもありません。

来年の見通しはどうか?
2019年は会社の制度変更により、わたしの年収が少し上がる予定です。
普通にいけば800万円くらいはいきそうなので、来年こそは上積み額を増やせるかもしれません。

普通にいけばね

その普通にいく可能性は50%ほどです。

どういうことか?
それはわたしが2019年中に退職する可能性が50%ということ。
もし2019年の退職がなかったとしても、2020年6月までには退職します。
早ければ2019年前半もあり得ますが、そうなってしまうと今年2018年末の金融資産額が自分の人生での最高額になる可能性があります。
そう考えると、資産がプラスできたことが当たり前でなくなる日が遠くないということ。これは別世界。。

というわけで、2019年は突然リタイアの報告をすることもありえますので、当ブログの更新をお見逃しないようにお願いいたしますw
今年も一年ブログを読んでいただきありがとうございました。



この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
年金の見通し
2018/12/21(Fri)
年金定期便が届きましたので、今日は年金のお話しです。
我が家の現時点での年金受給額は、夫婦合わせてちょうど200万円といったところ。
わたしの会社員生活はこの先長くはありませんが、その後も国民年金保険料は払うつもりでいますので、今のまま制度に変更がなければ、60歳払い込み終了で 65歳~の年金額は250万円になる予定です。
ホントに250万円もらえるのであれば65歳までにほぼ金融資産を使ってしまっても大丈夫ってことか?
それでいいのであれば生活に余裕が持てます。
しかし、それはいまのまま行けばってこと。。


ちなみに今のお年寄りはどうでしょう?
うちの親が70代なのでそれを例にとります。
以前にヒアリングした時、うちの親はたしか夫婦合わせて350万円と言ってたような記憶があります。
70代夫婦が毎年350万円もらえれば安泰も安泰でしょう。
しかも60歳からその金額をもらっています。

よく物価が騰がる時に街かどでインタビューすると、「年金生活だから生活が厳しい」と言うお年寄りをよく目にします。
しかし実態はどうか?
いまの70代以上であれば60歳から問題なく普通(以上)の生活を送れる年金をもらっています。
今のお年寄りはその昔、右肩上がりの経済の時に現役だった人たちで、40~50歳というカネまわりの良い時にバブル景気の恩恵を受けた人たちです。その人たちからすると350万円の年金というのは“厳しい生活”なのです。
これは嘘をついているといることではなく、そういう感覚なのです。

おーっと、またお年寄り批判になってしまった。
自分の年金の話に戻します。

65歳~、250万円年金予定・・・しかし、実際はそんなわけがなく、わたしのシミュレーションでは70歳受給、150万円としています。
一応、算定根拠を示します。

現在、生年月日ごとに受給開始年齢が違いますが、間もなく65歳から受給に統一されます。
このように年金制度の現状維持ができない以上、改悪されていくことになります。それはこれからもそうなっていくでしょう。
しかしここで言いたいこと。それは

改悪は少しづつ

ということ。
65歳が68歳に、そして行く行くは70歳になるかもしれません。
あと受給額についても、現在のお約束である所得代替率50%が改悪されていくでしょう。
45%、40%という具合に少しづつ。
この少しづつというのは、具体的には10年で1段階改悪といった感じかなと思っています。
であれば、現在40代後半であれば、現状より2段階の改悪止まり。
2段階というのは受給開始年齢でいえば70歳、所得代替率でいえば40%といったところでしょうか?
それをベースに、わたしは70歳受給開始、年金150万円想定でシミュレーションをしているということです。

もっと若い人はどうか?
現在30代、20代の人はもっと悪くなる可能性はありますが、そうは言っても限界はあります。現在でも国民年金受給者がナマポと逆転している現実がある中で、改悪にも打ち止めはあるはず。
国のお偉いさんは公平性を考え、上手に制度の維持を図ると思うので悲観的過ぎるのはどうかと思います。
ここはひとまず“信じる者は救われる”でいいかと思います。



この記事のURL | お金について | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ