FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
冷静に実を取ること
2018/11/05(Mon)
先日、久しぶりに焼肉店に行ってきました。
その日、わたしたちは「90分食べ放題コース」を注文。
そこであったエピソードです。

食べ放題がスタートして、最初の注文品は間もなく運ばれてきたのですが、しばらくして追加注文をするとその注文品がなかなか運ばれてきません。タブレット端末で注文するスタイルだったので、正しく注文できてなかったのかな と思い注文履歴を見ると正しく注文されています。
「なんで?」と思い店内を見渡すと、いつの間にか多くのお客さんで混雑し始めていて、そのわりには従業員さんは少なめ。さばききれない状態ではあるのがわかりました。

追加注文をしてから30分近くたってもお肉が運ばれてこず、そうこうしているうちに制限時間の90分が近づいてきたのです。
すると、近くのテーブル席のお客さんが店員さんに「おい、早く持ってきてよ。制限時間が来てしまうやろ」と言って、店員さんに長々と苦情を言っています。店員さんはその対応をしていました。
その後、そのお客さんは文句を言いながらも制限時間内に店を出て行きました。

どこもかしこも人手不足の状況にあるのですが、こんな時に店が一番困ることは何か?
それは客からの苦情です。
これは苦情を受ける責任者が怒られるので困るということではなく、苦情対応によって大事な戦力の一人がとられてしまうこと。
ただでさえ、てんてこ舞いな状況なのに、これでひとり抜かれるのは本当に困る。しかも苦情対応をするのは、店の責任者クラスの人。つまり司令塔がいなくなり、正常な運営がさらに難しくなること、これが一番痛いのです。店としてはこれが一番避けたいことでしょう。

なかなかお肉が出てこないので腹が立つのはわかりますが、こんな時に文句を言ってもお互い気分が良いわけがない。しかも、言ったからといって早く出てくるわけでもない。

ここは自分の利益を守ればいいんです

その後、わたしは責任者らしき人に「忙しいみたいで なかなかお肉が来ないので少し延長させてもらいますね(ニコッ)」と小声で告げました。
その責任者さんは「はい、その制限時間は気にしてもらわなくて結構です」と小声での返事。
こんなやりとりで時間を120分まで延長してお腹いっぱい、笑顔で帰りました。自分は満足、店側にも実質迷惑をかけていません。

日本の構造的な問題である人手不足に文句を言ったところで改善なんてしません。感情に任せて文句を言うよりも、お互い実を取る行動で両者勝ちを目指せばいい。
これが戦略的互恵関係w
冷静に実を取ることを実行していくのみです。



スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
わざわざ損をする側にいない
2018/11/03(Sat)
勤務先の近くにラーメン店があるのですが、そのお店は毎週水曜日は女性客が3割引、毎週木曜日は学生客が3割引と謳っています。
3割引って結構大きいですよね。
でも女性にも学生にも当てはまらないわたしは、当然その割引サービスを受けることができません。

同じラーメンを食べても客によって支払う金額が違う。
これをどう思うか?
女性や学生は比較的経済的弱者である場合が多いので仕方がないと考えるのか?

いやいやいや。
そうかもしれませんが、わたしはその考え方は採用しません。

利益を追求する民間企業が結果として利益を下げてしまうことをするはずがありません。一部の人たちを優遇するということは対象外の人に価格を上乗せしているということ。
「対象外の人の価格は値上げしているわけではなく、いつも通りの価格なので損をしているわけではない」と思ってはいけません。企業の目標利益率がある以上、そのいつもの価格がそもそも大きく上乗せされた価格であることは明白。
「女性、学生は3割引か。自分たちは関係ないな」ではなく、たくさん損をしているという点で大いに関係しています。

提携会社のクレジットカードの支払いで割引を受けられるとか、○社のスマホを持ってきたらドーナツがもらえるとか、その気になれば誰もがプレミアムを受ける側に移れるものであればいいのです。
女性とか学生のように変えようのない属性に対してのサービスがいただけないのです。

新たな顧客を取り込む為の経費をどの人たちにかぶせるのかは、それぞれの企業の戦略であってそれは自由。あとは消費者がどう考えるかだけ。
わたしは、ラーメン店の例は民間レベルでの所得再分配制度であると考えているので、こんな不利なシステムには参加しません。

世にあふれる限定プレミアムは、同じサービスであればプレミアムを受ける側に居続けるべき。
受益者負担の原則から外れている不公平な販促が蔓延している以上、負担する側の世界には足を踏み入れないようにしようと思います。



この記事のURL | 常識・非常識 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
人生後半と投資の相性
2018/10/25(Thu)
わたしはブログで投資についてあまり書きませんが、社会人になってすぐに株や投資信託などを始めました。
スタートしたのが25年も昔の話なのですが、今でも個別株やインデックス投資などをしています。

今日は特にインデックス投資について思うことを書きます。
インデックスの積立て投資は、“未来”に向け収益の最大化を目指すという考え方のもと行っているはずです。
毎月、定額を積み立てたりするのですが、その投資の最後(終点)はどこにあるのでしょうか?

それぞれの個人にとって一番先の“未来”というのはその人の寿命、その時です。
その時に積み上げた資金により資産が最大化することを目指すのでしょうか?

違いますよね。
わたしはそのことに虚しさを感じます。

ある投資法が資産運用の観点から理にかなっているとしても、問題はそれが自分をハッピーにするためにどう貢献させるのかということ。ここが大事。
それを考えると、だいたい寿命の10年前くらいまでには元本を積み立てることをストップ、取り崩して、その資金を自分をハッピーにするために実生活資金として使っていくことが正しいと思っています。

世界経済の成長期間と自分が生きている期間は当然違います。
仮に世界経済が、この先何百年も成長し続けるとしても人の寿命はせいぜい100年まで。経済成長の恵みを受けられるのは残念ながら100年までです。
永遠ではなく、そこは割り切って考えた方がいい。
わたしは投資はした方がいいと考えているし、上に書いたように実際していますが、その投資が人生を楽しむことを邪魔するのであればそれは本末転倒。


いつまで生きるかわからないって?

そう、この問題の本質は寿命が事前にわからない点にあります。

そもそも人生後半と投資は相性が悪いんです

その点、終身の年金は制度自体はいいし相性もいい。
投資は欲を出し過ぎずにある程度で切り上げるのが正しいかと思います。

アメリカで1700億円の宝くじが当たったとニュースになっていますが、カネはこの世でのみ有効ということを知ればそんな大金を手にしたからといって単純に喜ぶことなのかスゴく疑問です。



この記事のURL | お金について | CM(2) | TB(0) | ▲ top
必ず掛かるお金からは目をそらさない
2018/10/08(Mon)
先日、わが家の給湯機から水漏れが起きてしまい交換することになりました。
わたしは家を建ててから初めての給湯器の交換となったので、その費用がいくらかかるかわかりませんでした。
数社から相見積もりをとったのですが、ある業者さんの提示した費用が10万円と断然安かったのでその業者さんに交換をしてもらいました。

このように住宅設備や家電というのは突然いかれてしまうものです。
とはいっても、大体の寿命は予想できるわけで給湯器なら約10年らしいです。

大きな出費は他にもいくつかあります。
エアコンや冷蔵庫などの大型家電の買い替えや、持ち家であれば建物の補修代などがその代表です。

リタイアブロガーさんは、10年に1回とかそういった期間で必要となるものはどのように費用計上しているのでしょうか?

わたしはリタイア後の支出計画のなかで、これらを「リスク・メンテ」という項目で毎月2万円~3万円計上しています(年齢により異なる)。
この費用は快適に過ごすために必要な費用であり必ず計上すべきものと考えています。

今回のわが家の給湯器を例にとると、10年寿命で10万円の出費であれば、単純に1年1万円。月間にすると800円余りを計上しなければいけないということになります。
わたしの場合は持ち家、一軒家ということで建物の補修代が一番大きな出費になります。
例えば外壁の塗装が15年に1回約80万円くらいかかります。これは年間で5万円余り、月間で4千円余りの計上が必要になります。

これら諸々を合計すると月間1万円くらいになるのかと。。
これはばかになりません。

リタイア系ブログに限らず家計診断なるものを見ていると、将来必要なこの費用が計画されているのか疑問な家計をよく見かけます。
リタイア後、想定内のことであれば問題なく対応できますが、想定していなかったことが突然起きて不意の出費となるのは、収入が激減している中では経済的にも精神衛生上も良くないと思います。

将来かかる費用について、慎重過ぎるのは良くないと思いますが、想定できることは事前に計画した方がいいに決まってる。
見切り発車もいいですが、それはそのばかにならない費用が担保されてから、またはその見込みがあってからのお話し。そこんとこをいい加減にするのは危険と思っています。

「リスク・メンテ」に2万円~3万円としていますが、これには将来の介護費用も含まれていますので金額は高めです。
これについてはまた次回、記事にできたらします。



この記事のURL | お金について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
生き抜く覚悟を見た
2018/09/17(Mon)
わたしの勤めるショッピングセンターでは毎日のように万引き犯が捕まるのですが、先日捕まった63歳のおっちゃんについて感じたことを書きます。
捕まえるとすぐに警察官が来て、保安室で取り調べを始めたのですが、おっちゃんと話を始めてすぐに警察官が大きな声で言った言葉、
それは・・・

「おまえ、捕まる気満々やろ!」

のひとこと。


よくよく取り調べの内容を聞いてみると、確かにおっちゃんの方から「逮捕してくれ」ととれる言動がありました。
どういうことか?
そのおっちゃんは所持金20円のホームレス状態。
つまり、捕まる前までは食事はとれず住む場所もないということです。
この時点でおっちゃんは衣・食・住の「食」と「住」を満たしてない状態。

これで逮捕され警察署に留置されるとどうでしょうか?

満たしていなかった食と住を確保できることになります。
これでとりあえず安心といったところではないでしょうか?

おっちゃんとしては、万引きが見つからずに捕まらなかったとしてもその盗品で食は確保できます。
食だけみると、捕まっても捕まらなくてもどっちに転んでもOK。

しかし、彼は戦略家でした。

住は捕まらないと確保できないのです。
そう。おっちゃんにとって総合点では捕まった方が上。

そして、これは後で気付いたことなのですが・・・。
この万引きをした日は9月3日。
数十年ぶりの勢力で上陸をした台風21号が直前に迫った日です。この台風を前にして激しい風雨をしのげないホームレス状態ではヤバイと考えたのだと思います。
結果として、その台風によりわたしの住む地域でも大きな被害を受けました。ホームレス状態で過ごしていたなら、怪我でもしていたかもしれません。
結果からみても、彼の安全欲求から起こした行動は極めて合理的と言えます。

人間には5大欲求があると言われていますが、上の方の欲求をかなぐり捨てれば人間はたくましくなれるのだと思いました。
もちろん感心できることではありませんが、生き抜く覚悟だけは認めてやろうと思いました(そんなわけないかw)



この記事のURL | 仕事 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。