FC2ブログ
普段のお買い物で気を付けていること
2020/06/20(Sat)
リタイアしてからというもの、毎日の食品のお買い物はわたしの役割となっています。
わたしの家から徒歩5分以内に2軒のスーパーがあり、そのうちの一軒がディスカウント業態のスーパー。そしてもう一軒が普通のスーパーです。

利用比率としてはディスカウントスーパーが8割、普通のスーパーが2割といったところでしょうか。
以前はあまり価格を気にしない妻がお買い物に行っていたので、利用比率が今の逆となっていましたが、今は最適化されたと思っています。

以前のうちの妻もそうだったのですが、ディスカウントスーパーをなぜか毛嫌いする人っていませんか?
どうしてなんでしょうか?

「普通のスーパーはディスカウントスーパーに比べて生鮮食品の品質が良いから価格も高い」と言う人もいますが、それは本質的に違うと思います。
価格の差というのは、それぞれの企業戦略に基づいた荒利益率と経費率のバランスの取り方、つまり構造の違いから導き出されるものです。
品質と価格を天秤にかけるということでは、全く同一品であるグロサリー商品の価格差の説明がつかないので、それは間違いといわざるを得ません。

ちなみに食品スーパーの荒利益率(スーパーの取り分)は普通のスーパーで25%くらい。対して経費率がちょっと下の22%くらいです。
この差が利益となっています。
ディスカウントストアは荒利益率が18%くらいで経費率が16%くらい。

質素な店の作りで、従業員の制服もなければ、接客技術向上の教育もほとんどせず、経費を落とし、さらに商品の価格を抑え荒利益率を抑えることであの価格を実現しています。
まさに企業努力のたまもので、わたしはいつも有り難く利用させて頂いています。

また、ディスカウントストアは経費を抑えるためチラシ広告の折り込みも少なめにして、一律にディスカウントをしているので、タイミングを気にすることもなく安心してお買い物ができます。
基本、毎月○日は全品5%引きというような日に買えばそれでOKという具合。それ以外のことはあまり考える必要はありません。

あえてわたしが買い物で気を付けていることといえば、特定の商品が期間限定で円引きされていたり、ポイントが付与される商品の発掘、積極購入くらいでしょうか?
安くなっているモノを積極的に買うのは当たり前なのですが、中にはスーパーとメーカーの両者がタイアップをすることで実現した安売り品があります。

あれは安売りの原資を販売奨励金という形でメーカー側が持つという手法です。あれは恐らくメーカーの複数の部署からのお金がでることによって実現していると思われます。営業と販促とかね。
こんな感じで複数の当事者が力を入れて販売することになるので、とんでもない価格が出ることがあるのです。

ご存じの通り、イオン系ではさらにイオンカード、WAONカード決済と縛りをかけることで底値とも言える価格を打ち出しています。今だとアイスクリームがいい価格が出ることがありますのでお気を付けください。

ではまた。



この記事のURL | 雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
趣味の商店街巡り(大阪編)
2020/06/07(Sun)
6月4日~6日の三日間、大阪、京都の旅行というか商店街巡りに行ってきました。
今回訪れたのは基本アーケード付き商店街ばかりです。

アーケード付き商店街の何がいいかと言うと、個人のお店の集合体なので商品や店の作りなど個性的で見てて楽しいんです。
そして天候に左右されないのも良い点です。この時期晴れたら暑いし、雨が降ったら鬱陶しいのですが、アーケード商店街はその両方をクリアしてくれます。今回も快適に過ごせました。

ちなみにアーケード商店街の日本の分布は西高東低。特に大阪がぶっちぎりで多く、次に兵庫、福岡と続きます。
というわけで今回はアーケード商店街の聖地ともいうべき大阪にお邪魔したわけです。

今回訪れたのは、大阪市北部にある
①十三駅周辺商店街
②京橋駅周辺商店街
③天神橋筋商店街
④阪急東周辺商店街

商店街にもいろいろな特徴があるのですが、わたしが好き嫌いを決める独自の評価項目がいくつかあります。
・個性 
・集積度
・全体の活気
・地元民の生活感 
・純喫茶
・衣食住遊のバランス 
 などです。

つまり自分がここに住みたいかを念頭に、これらの要素をひっくるめて総合評価をします。

順に見ていきます。

①十三駅周辺商店街(淀川区)

十三

十三2

この商店街は今回唯一、大阪環状線の外にあるということで他の商店街に比べて地元民の生活感をしっかり感じとることができました。
通路に商品を大きくはみだしたり、食品の衛生管理など、コレどうなの?と思う面もありましたが、それがきちんとなされていたらそれは大阪商人ではないので問題なし。「保健所なんぼのもんじゃい」という安定の大阪スタイルです。

細かい部分では焼肉屋の数はスゴいが純喫茶など休憩できる場所が少ないなどややバランスが…。西口の栄町商店街など歓楽街の要素もありおっさんは楽しく暮らせそうでした。

あとおまわりさんが暴れるおっさんをカクホ!している場面にも遭遇して大阪の日常を感じられましたw
100mあたりの防犯カメラの数も11個と非常に多く夜の治安が気がかりではありますが、他の評価項目も一定以上で総合評価は5段階中3.5。

②京橋駅周辺商店街(都島区)
京橋

ここは環状線の主要駅のひとつで、商店街とあるが一部を除いて地元民の生活臭はなく、会社帰りのサラリーマンのストレス発散の場と思われる。街の雰囲気は東京新橋の様。
立呑み、焼肉・ホルモン、パチンコ、風俗店とおっさん仕様。
特に立呑み屋の数、賑わい度は非常に高く、昼間っからあんなに多くの人が呑んだくれている光景は初めて見ました。
こんな感じで「遊」のポイントは突出しているが、その他項目がそもそも商店街としては不足気味なので総合評価は甘く見て3。

③天神橋筋商店街(北区)

天神橋

天神橋2

ご存じ、日本最長の商店街といわれる場所でアーケード総延長は2.6km。アーケードが付いている一丁目から六丁目までかなり長いが散歩が楽しい商店街です。
普段使いで地元民にとってなくてはならない街で、集積度、個性、活気、生活感、休憩できる喫茶店と、わたしの評価項目はほぼすべてカバーしていて王道を行く商店街といえます
他と比べればやや大人しいような感じもしますが、それは本通りを歩いた場合であって狭い路地を一歩入るとアルコール度数が一気に高まります。

宿泊地がこの近辺だったので、何度も足を運び商店街オタクの心をくすぐる街でした。通りにスーパー玉出もあり惣菜も充実。住むにもオススメの場所。総合評価は4.5。

④阪急東周辺商店街(北区)

阪急東

阪急東2

ここは大阪駅に向かう途中にたまたま見つけて立ち寄ったのですが、商店街ではなく歓楽街が正しい。「いくつ無料案内所あるねん」的な街です。
東京で言う新宿歌舞伎町といったところでしょうか。100mあたりの防犯カメラの数は16個と断トツ。住むならヨハネスブルク並の鉄格子が玄関に必要かも。
実質商店街ではないので評価はできません。

今回お邪魔したどの街にもほぼ共通して言えることは、焼肉屋、立呑み屋、防犯カメラ、100円自販機の数が考えられないほど多いということです。
このことからうかがえる街の背景はどんなものなのかを思い巡らすのも楽しいですよ。最終日に京都に立ち寄ったのですが大阪との雰囲気の違いは歴然。ともにとてもいい街でした。

今回の商店街巡りは自分の趣味とともに経済を回すことも目的としてあったので阪急東周辺商店街を除き何かしら消費をすることができて良かったです。



この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
10万円使い切りプラン(観光)
2020/05/22(Fri)
コロナ騒動が続いていますが、多くの地域で緊急事態宣言が解除されてやっと普通の生活に戻りつつありますね。
首都圏、北海道の皆様はもう少し頑張ってください。

わたしもこの3か月は旅行はおろか普段のちょっとした楽しみさえ奪われて悶々とした時間が流れました。
今まで「健康で自由な時間と少しのお金があればそれだけでいい」的な発言をしてきましたが、それは正常な社会生活が送れてこそということがよくわかりました。
その大前提というのは、決して当たり前のことではないことに気付かされました。

平凡な生活ありがたや~・・・ということで今回は当面自分のしたいことだけを記事にしただけで早期リタイアとは無関係です。

わたしは今年予定していた2月の京都・有馬温泉旅行、3月の北関東旅行、7月の東京オリンピックと次々と楽しみが奪われてしまったのでここから先は反撃です。

いまだ正常に戻っていない部分もあるので不安ではありますが、自分がきっちり楽しむため、観光地への応援の意味を込めて今からしっかり計画を立てています。

今後の観光予定は
 ①関西旅行(6月上旬)
 ②北関東旅行(7月下旬)
 ③長野県(8月上旬) です。

①関西旅行は2泊3日で主に大阪の商店街巡りが中心です。
あまり言ってきませんでしたが、商店街巡り、特にアーケード付き商店街をぶらり歩きするのはわたしの趣味のひとつなのです。

商店街は日本各地にあるので旅行に行くたびに有名観光地のついでにぶらり歩きするのが習慣になっています。
特にアーケード付き商店街が大好きで、日本で規模、数、質ともに断トツの日本一なのが大阪府です。シブすぎる商店街も多く、ぶらり歩きの目的のみで行く価値はあります。

日本一の長さを誇る天神橋筋商店街はもちろん、今回は十三駅、京橋駅周辺の商店街を巡る予定でいます。アーケード商店街は雨降りでも大丈夫の為、6月に予定をしたというわけです。

②北関東旅行は3月に青春18切符を購入して行く予定だった旅行のリベンジです。日光東照宮、群馬県の温泉地、首都圏の商店街を巡る予定です。

一週間ほどの旅行の予定を立てていますが、これはサラリーマン時代は時間(休日)の都合上、絶対にできなかった一週間という長期間に及ぶもので金持ちならぬ時間持ちを実現したリタイア生活の醍醐味を味わうという意味も込められています。
ただ7月下旬という超暑い時期というのがマイナス要素ではありますが。。

③長野県観光の目的は避暑と自然に親しむことです。
避暑地というと軽井沢が有名ではありますが、わたしはペンションがたくさん立ち並ぶ場所で八ヶ岳がきれいに見渡せ大自然をいっぱいに感じられる原村というところがお気に入りです。

Twitterのプロフィール画面の「白樺の小道」も何年か前に原村第2ペンションヴィレッジの近くで自分が撮影したものです。気持ちいい所ですよ~、ゼッタイおすすめ。

それと最近知ったことなのですが、わたしの義理の兄がなんと偶然にも原村に別荘を所有しているということが判明して、そこに招待されていますので、もしかすると今回はそこにお邪魔することになるかもしれません。
これでは宿泊にカネが落ちないので、その他のモノ・コトを消費して現地を応援することを旅のミッションとします。


この3つで特別定額給付金の10万円は全部消費できるかと思います。というか足らんな。



この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
困窮している大学生への支援について
2020/05/10(Sun)
暇なのでネットのコラムについて思ったことを少し。

コロナの影響でアルバイトが激減したことにより、学費の支払いなど生活に困窮した大学生への支援についてのコラムがありました。
ネットの読者に以下の選択肢から投票させるものです。

①一律支援(33.8%)
②低所得者へ支援(12.2%)
③中間層も含めて支援(18.0%)
④支援の必要なし(32.0%)
⑤その他(3.8%)

これはどうなのでしょうか?
括弧内は5月10日 15:00現在の得票率の割合です。①と④が競り合っている感じですね。

わたしの意見はというと ①一律支援 です。
大学生というと18歳~20代前半という年齢層なので成人した者もいれば未成年の者もいます。20歳成人という線引きで考えると大学生は大人もいれば子供もいるという微妙なお年頃になります。

ただここで大事なのは大人か子供かということではなく、経済的に自立できているかということ。
大学生は見た目は立派な大人なのですが、実際はまだ社会人になる前の立場ですので自立前、つまりスタート地点に立っていない人たちだといえます。
いい大人ですら今月の家賃の支払いができないとか、手持ち現金が300円しかないとか言っているのに自立前の人に厳しくしてはいけないという考えから ①一律支援 になります。

他の選択肢についてはどうか?

学費や生活費を親から援助を受けているかどうかという問題もありますが、それを言い出すと、ちょっと前の30万円給付金と同じで審査に時間がかかので無理。よって②と③は現実的に不可能。

④を支持の人はどういう考えから 支援の必要なし としたのか真意がわかりませんが・・・
高卒で就職して頑張っている人もいるのに「不公平」だから?それとも「自己責任」?

不公平論について。
公平ではあるとは言いませんが、公平不公平を言い出したら文句を言うだけで人生が終わってしまいそうなのでやめたほうがいいです。

自己責任論について。
『自分のケツは自分で拭え』が信条のわたしではありますが、それは社会人としてスタートをした後のことと考えてあげたいです。
いい大人ですら「カネくれ!」の大合唱なのに大人になっていない人に支援の必要なしはかわいそうかなと思った次第です。
(こう見えても若者には結構やさしいんですw)



この記事のURL | 雑感 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
フロー < ストック
2020/04/28(Tue)
以前に年収1000万円と貯金1000万円の難易度比較のコラムがありました。
その時にわたしは年収1000万円の方が難易度が高いと発信したのを覚えています。

コロナショック真っ只中の今、それについて再考したいと思います。

よくサラリーマンで年収1000万円となるとスゴいとなるわけなのですが、それは一時的なものではなく今後も1000万円を超え続けるという解釈のもとスゴいとなるのではないでしょうか?
今のようにコロナショックで経済がやられて年収が500万円に下がるのなら何もスゴくないわけです。

そう。年収は他者にコントロールされるものであって、今年は多くても来年はどうなるかわからないということです。

これは自営業も同じで他者(お客様)に支配されている状態といえるでしょう。
緊急事態宣言の外出自粛により苦境に立たされている事業者が象徴的で、昨年まで羽振りが良かった人たちが、今ではヤバい状況に激変しているかもしれません。

対して資産(=貯金1000万円)はどうでしょうか?
こっちは自分でコントロールができ、比較的外部環境には左右されにくいのではないでしょうか(インフレリスクはあるにせよ)。
少なくとも今回のコロナ騒動では貯金は悪い影響を受けることなく、「現金最強」と言われるように存在感はむしろ高まっていると思います。

達成難易度については今も年収1000万円の方が高い、その通りだと思うのですが、有り難いのは資産1000万円の方。
いざ追い込まれたら不安定な年収1000万円は自分を守ってくれませんが、資産1000万円は自分を守ってくれます。
つまり資産1000万円は年収1000万円より達成難易度が低いにもかかわらず、有り難さは上ということになります。

フローよりもストックをとるべき理由は課税の有利さだけではなく、リスクに備えるということもあるのです、いまさらですが。

そうです。「早期リタイアの取り組み」と「リスクを避ける対策」とはとても親和性があるということです。
当たり前のことではありますが、このことをコロナ騒動で改めて思い知らされました。

早期リタイアを目指して資産形成中の方、そのままそのまま。




この記事のURL | お金について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ