FC2ブログ
早期リタイア後の生活費想定
2019/11/05(Tue)
わたしは、先月10月20日の最終出勤日をもって、リタイア生活に入りました。
ただいま有給休暇を消化中なので正式な退職日は、まだちょっと先の12月中旬ということになります。
現在わたしは48歳。12月下旬に誕生日がきますので、リタイア年齢はギリギリ48歳ということになります。ちなみに既婚で妻1子0です。

ここで、これからの持続可能なリタイア生活を送るために超重要な生活費について、今考えている数字を確認しておきたいと思います。
今までブログではあまり公開はしてきませんでしたが、リタイアを志す者として当然支出管理はしてきました。想定している生活費目から何か漏れているものはないか、また、無理のある支出額になっているものはないかなど、ここ数年は下の表を見ながら点検しつつ生活をしてきました。

リタイア直前に会社の同僚から今後の生活について心配されましたが、果たして本当にリタイア前に比べてリタイア後は生活費が大幅に縮小する極貧生活となってしまうのか?
ハイ、想定はこの表の通りです。



mmm.png


リタイア後の方が前より支出計が大きくなっています。
これは①②の社会保険料が給料天引きでなくなった為、生活費支出となり、このようになっていますが、実際は前も後もほとんど変わりなしです。

その他、前後で増減があるのは⑥自動車計⑦リスク・メンテ⑨食費⑱旅行積立です。
⑥自動車計は出社しなくなるためガソリン代が-3千円/月。
⑨の食費はふるさと納税でお肉やらお魚がもらえなくなるので+3千円/月。
⑱はリタイア後の趣味のひとつなので+5千円/月。
⑦のリスク・メンテは家の修繕費用や家電製品の買い替え費用、さらに不測の事態に備えての支出。働いている間はなんとでもリスクに対処できるので計上してきませんでしたが、今後は3万円/月は生活レベルを維持するための費用として計上。

そして、この家計の問題点がどこにあるのか?
それは⑥と⑬。
⑥の車はリタイア後、すぐにわたしの普通車を処分する予定でしたが、それが実行できずにいます。わたしは車がなくても、まったく平気なのですが妻の猛反対にあっているので仕方なく所有しています。これを処分できれば-1万円/月が実現します。
あと⑬。
これはほぼ全額妻の支出です。化粧品代1万円/月、美容院代5千円/月。

このように『家計の問題点=既婚者の弱点』
見事にこの構図が成り立っています。リタイアを目指す独身の皆様、結婚とはこういうものです。。

まあ、それはおいといて、年間の支出額が285万円ほど。住宅ローンがない早期リタイア生活者としては比較的高い支出額かもしれませんね。
もっと生活費を上げても問題はありませんが、しばらくはこのレベルで完全リタイアを楽しむとします。



この記事のURL | お金について | CM(2) | TB(0) | ▲ top
リアル社会で早期リタイアを語るのは難しい
2019/10/14(Mon)
退職月の10月に入って、社内にはわたしが退職をすることが知れ渡りました。
一報を聞いて、興味本位で根掘り葉掘り聞いてくる人もいますが、意外と多いのはあえて距離を取って何も聞いてこない人。
生活レベルを維持できないであろう(?)不幸な人を慰めるのはちょっと・・・という感じでしょうか?

そして寄ってくる人が聞いてくることは、いつもワンパターンです。
①退職理由
②次の仕事 
このふたつ。

たまに家計状況まで踏み込んで聞いてくる人もいるにはいますね。家のローンはどうとか、子供はどうなの?とかそういうことです。

②については、決まっていないので正直に「決まっていない」の答えでいいのですが、問題は①の解答。
正直に言っていいのなら
「人生の残り時間が少なくなってきたので、ここから先は楽しいと思えることをして生きる」
なのですが実際、質問者を目の前にしてこれを言うのは難しいです。

まず自分より年上の人にはこれは言えません。そりゃそうですよね。自分より年下のわたしに「人生の残り時間が少なくなってきた・・・」を言われて気分がいいわけがないと思うからです。
同じくらいの年の人にもちょっと言いにくいですね。相手の取りようによっては、生き方を否定されているようにもとれるからです。

簡単に方向転換をできるようなことであればいいのですが、この問題には必ずカネの問題が絡むので、人によっては残酷な仕打ちになってしまうからです。
そういう意味で選択肢の多い若い人になら本音を言いやすいんですけど、そもそも若い人はあまり聞いてこないんですよねw

こんな感じなので会話の中で「早期リタイア」なんて単語を出せることはなく、本音を言えないままの歯切れの悪い会話になってストレスを感じてしまいます。
まあ、早期リタイアを語る時にカネの話を避けることはできないわけなので、結局はリアルの知人よりもネット上の見知らぬ人と話す方が相性がいいということを改めて感じました。



この記事のURL | 雑感 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
会社に退職の意思を伝えました
2019/09/13(Fri)
ここ最近、わたしは退職の意思が固まり、会社にいつそれを伝えるかのタイミングを探っていたのですが、退職日がはっきりと自分の中で決まったことから、昨日会社の上司に伝えました。

事が事なので、直属の上司と1対1で密室での面談になるんだろうと考えていたのですが、わたしが上司を訪ねて行った時、上司は喫煙室でわたしの同僚(この人も管理職)と二人でタバコを吸っているところでした。
喫煙室にはその二人のみ。本来このような話を他者を交えて話すことはないのでしょうが、上司とのアイコンタクトで「問題ない」との意思が受け取れたので、同僚もいる喫煙室で退職のお話を切り出しました。

上司から「少し延長できないか?」と聞かれましたが、わたしは、よくよく考えて10月後半というタイミングを決めたので丁重にお断りしました。
上司とはいい関係でいることから、聞けることは聞きたい気持ちはあったのですが、経済的に自分が大きな損をすることは絶対にしたくないのでお断りをした次第です。

また「転職先は決まっているの?」とも聞かれましたが、これももちろん答えはNo。活動する気もありません。転職先が決まっていない人は「少しだけでも・・・」と言って引き留められることが多いと思いますので、しっかりとお断りしましょうw

昨日が退職日の約40日前で、最終出社日まで日が少ないことから、早速、その場で上司から本社関係部署にも連絡をしてもらい退職日が決定しました。
これで面談は終了。

実は正式ではないものの、先月に退職意思がある旨をその上司に伝えていたので、びっくりされることはなくスムーズにお話しができました。
上司と二人きりではなくて、偶然にも同僚を含めて3人での話となったのも、緊張感をやや低くしてくれました。まして面談室ではなくて喫煙室という普段の場所でのお話となったので、さらに緊張感は低め。意外な展開となりましたが、これは自分にとっては良かったです。

いやぁ、今までわたしは早期リタイア、早期リタイアと言ってきましたが、26年以上勤めてきた会社で思い出はありますし、その場で上司、同僚のありがたい言葉をかけられるとなかなかツライもんですね。。

しかし、自分の人生を楽しむ為に世間が決めた定年にはとらわれない とカッコイイことを言ってきましたので、自分を信じていきたいと思います。
残り40日、会社の為ではなく、自分自身が納得できるように仕事をしようと考えています。



この記事のURL | 日記 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
大事なのは、老後じゃなくて そのちょっと前
2019/08/29(Thu)
先日、国から年金財政検証の結果が示されました。これは5年に一度公的年金の長期見通しを試算したものです。
年金いくらもらえそうか? っていう大事なものです。
リタイアラーに限りませんが、これはこの先の人生を展望する上でチェックしておくべきことなので記事にしておきます。

それによると、30年後には標準的なモデルケースで年金受給額が2割程度減少するとの結論に至っています。
世代や経済成長率によって減少率に差はあるようですが、わたしとしては大体想定通り。

最近はこういうネタはマスコミ様が煽りたてることもあって、世間の反応は悲観一色。
受給開始年齢も現在の65歳からもっと先に延ばされるだろうとか、70歳もあるだろうとか。。

そうです。
多くの人は70歳から先のこと、つまり人生終盤の生活について大きな心配をしているのです。
下手したら20代の若者が老後の心配だとか。。

ここでわたしが突っこみたいこと。

クローズアップするタイミングが違う!

生きてはいるだろうけど、楽しく生きられない時期のカネの心配はあまりしなくていいと思います。
わたしは90歳までの収支を見込んだ資産のシミュレーションをしていますが、70歳以降、特に80歳以降の生活費は特に小さく見積もっています。
生きているかどうかもわからない、少なくとも何かしら健康を損なっているであろう時期のために、大きなカネを準備しておくわけがないと考えるからです。
70歳以降は風雨をしのげる家に住めて、腹八分目の食事ができる生活レベルで十分と思っています。
衣・食・住を満たすと言いますが、衣なんかは底辺レベルでかまいませんね。

多くの人は人生最後の最後まで今と同じ生活レベルを保ちたいと考えているから、将来が不安になるのではないでしょうか?
一定ではなくて、人生どこで我慢してどこで楽しむか?ここが大事。
そこんところある程度メリハリをつけることで、無用な不安をなくして人生の充実度を上げていきたいと思っています。

楽しくない時のために、楽しめる時期を犠牲にすることの方をもっと心配すべきだと思っています。



この記事のURL | 早期リタイア | CM(2) | TB(0) | ▲ top
2019年前半の資産増減額
2019/06/30(Sun)
2019年の前半が終了ということで、わが家の金融資産の年初比の増減額をみてみます。

まだ一応仕事をしていますので、金融資産が減るということは基本ないです。
労働収入による上積みは給料がほとんど変わっていないので+200万円くらい。それに投資によるプラスが50万円ほど。

ということで金融資産のプラスは2019年年初と比べてプラス250万円ほどとなります。

夫婦の共通の趣味である旅行も行っていないこともあって、これくらいはいって当然な感じ。
ここ数年ずっとこんな感じなので特に記事にすることもないんですけどね。よく言えば安定しているということでしょうか。。


年後半の見通しとしては、ボーナスが7月と12月と2回あるので年前半よりは貯められるとは思うのですが、ただ、わたしの会社員生活はもう1年もないので、最後にできるだけ上積みできればと考えて毎日仕事に行っています。
後半はちょっと旅行に行くけどね。

それと、自分の中では退職日がほぼ決まっているのですが、お知らせはもう少し先とさせていただきます。

また、退職間近ということで退職金も視野に入っているのですが、この金額ははっきりとわかっています。
今、辞めたら1120万円。
自己都合の退職ではありますが、勤続年数が長いことから、わが社の規定により満額頂けることになりそうです。

こんな感じで今まで地味によく頑張った方だと思いますが、最後までもうひと踏ん張りしたいと考えています。



この記事のURL | お金について | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ