早期退職の損得勘定は時間とセットでないと…
2018/06/18(Mon)
今日はネット上にこんな記事がありました。

早期退職の損得勘定と決断のポイント

この記事に対していくつかコメントが寄せられていたのですが、この読者コメントに対するわたしのコメントを書き留めておきます。
(斜体が読者コメントで、その後がわたしのコメント)

●この国で50歳を超えて再就職するのは、収入が減るのが大半であり、親の介護など家庭の事情で辞めざるを得ない限り定年までは、辞めずに働き続ける方が得策。

再就職して収入が下がることは、多くの場合その通りでしょうけど、カネの損得に固執するあまり自分が壊れてしまってはどうしようもない。


●早期退職に応募して良い目を見た人は殆どいない。
特に50歳前後の人は年金支給が70歳になる可能性が高く、法的に65歳定年になると思われる。
そう考えると早期退職は損。


まずもって、幸せかどうかを決めるのは本人。もしコメ主さんの言う通りであれば、人生設計が甘いというか、できていない人を多く見てきたのではないでしょうか?
あと損得勘定をカネの面でしか見ないのは決定的な間違い。


●旦那が早期退職して再就職したが
地元での就職先が無く
単身赴任になり月給では足りなくなった
そして、また辞めたいと言う
一旦会社を辞めると辞めグセが付くんじゃないか?


この旦那様の問題は、辞めグセではなく後先考えずに起こした行動にある。
労働環境が総合的に良くなるのであれば何度転職しても良いし、むしろ合理的な行動。


●再就職なしに早期退職ができるひとは親が資産家のひとくらい。

もう少しライフスタイルの多様性を知った方がいいかと。。


●好きにすればいいけど結果生活保護とかは無しだから

好きにしてきた人が福祉に頼っているのはよくあることで、感心はしないけど、なくはない。“ありよりのなし” といったところ。


●時間は金で買えない

買う為に頑張っているんですけど。
買えないようで買える。でも買えるようで買えない。。


●今から5年以内に辞めれるようにお金の準備している。
Xデーがきても実際辞めるかどうかはわからないけど心のゆとりは生まれている気がする。


まともなご意見。カネが貯まった時に労働環境がスゴく良ければ別に辞めなくてもいい。辞めることができる権利を持っていることが大きい。


●退職したことに関しては全く後悔していませんが、家族に金銭面での不安を与えないことが、早期退職実現のカギだと思います。

これは責任あるリタイアラーの姿。女性は男性よりも安定を重視することを心得ていらっしゃいます。


●何でそんなに働きたいのか?わからない。
若い人に譲ろうよ。若い人達が、若い時にしっかり働けば、50過ぎたら、楽に生きられるよと伝えられて、頑張れる様にしようよ。


おっしゃる通り。何で働きたいのかわかりません。今の日本はモノは何でもあるけどひとつなくしてしまったもの、それが希望。
これがなければ頑張れない。


参考になるもの、ならないもの、ピンキリでした。



この記事のURL | 雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
早期リタイアの取り組みで犯罪防止
2018/06/04(Mon)
先日、実家で親と話をしていたら、同じ町内でオレオレ詐欺の被害に遭った人がいるとのことでした。
それを聞いて新聞の『事件事故』の欄を見ると、70代の人が300万円とられたという記事が載っていました。
あーあ。

今日は犯罪被害を防止するための記事です。世の犯罪被害者が減ることを目的とした有益な記事を目指します。


わたしの親も同じ70代。このように高齢の親を持つ40代くらいの人は、どう被害を防止しているのでしょうか?

まずはこの犯罪の主旨、目的を理解することから始めます。

あの手の詐欺は、犯罪者は当然のことながら相手が出せるであろう金額を要求してきます。
何億円も要求しても、その金額を手にすることができなければ犯罪者にとって目的を達成できないわけなので当然です。

そして犯罪者はリターンの最大化を目的にターゲットを絞ります。
そう。すべての世代の中で一番カネを持っているのが60代~70代ということを知ったうえで「持っている人からとる」を実践しているわけです。
“無い袖は振れない”わけで考え方としては正しい。

つまり、これは

世代間の保有金融資産の多い少ないが前提として

あることで成り立つ犯罪なのです。


裏を返せば、この前提を崩せば被害に遭うことはないのです。

うちの親が金融資産をどれくらい保有しているかは知りませんが、少なくともうちは親がわたしの数倍カネを持っているという日本の典型的なパターンに当てはまりません。
上記の前提が崩れていることから、この被害に遭うことはありません。
しかし、親にそのことを伝えておく必要はあります。

「おれはそこそこのカネを持っているんで、数百万

円、数千万円という単位のカネを貸してくれとお願い

をすることは絶対にない」


といった具合に。

これでこの犯罪被害から親を守ることができています。

もちろん、今そこそこのカネがあるのは早期リタイア実現に向けての取り組みがあってこそ。

犯罪被害を減らすことが目的の記事でしたが、図らずも早期リタイアの取り組みの有益性を発見することになりました(確信犯w)



この記事のURL | 雑感 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
図太く生きろ
2018/06/02(Sat)
先日、ツイッターを見ていたら、Aさんの「自殺したい」というつぶやきに対して、Bさんから「生きていれば誰でもそう考えることがあるよね」という返信がありました。
やりとりを最後まで見ると、Aさんは本気ではなかったようですが
何か大きなストレスを抱えていたようでした。

悩みの原因は不明でしたが、Bさんが言うように「誰でもそう考える」?
本当に??

わたしは考えたことすらない

そりゃあ、生きていれば誰にでも多少の悩みはあるだろうけど、それが自殺までいく?

いやぁ もったいない


しかし世間の皆様の中にはそう考える人もいるようです。
平成28年の厚生労働省の意識調査「本気で自殺を考えたことがあるか?」の質問に対して「YES」が23.6%という結果がありました。

そう答えた理由は多い順から
①家庭の問題
②病気などの健康問題
③経済的な問題
④勤務関係の問題
⑤男女関係の問題

確かに世間を騒がした自殺もこの上位5つの原因のどれかに当てはまります。

わたしには理解し得ないさまざまな理由があるのかもしれませんが、上記5つの理由のうち、わたしがなんとか理解できるといえば②くらいでしょうか。
苦痛を伴う病気で、今後も100%良くなる見込みがないということになると生きる希望がなくなるかもしれません。

しかし、その他の理由はどうか?

まず④⑤はその理由になり得ません。
④⑤なんていうのは外部環境が変われば、いとも簡単に解決する話。放っておいて変わらないのであれば、自分から変えに行けばいい。

③もそう。
心身ともに健康であるのなら、しゃかりきに働けばいい。収入を得て、健康体で生きる喜びまで得られるかも。これで解決。

①はどうか?
家族関係、子育て、介護とか?
これは自分との関係上、切りたくても切り離せない問題かもしれません・・・
ん?本当に?
たしかに家族は大事にするべき。しかし家族を大切にし過ぎるあまり、自分自身を犠牲にすることは違うと思います。

この①の問題は結局のところ、何を一番大切にするかにかかっている。はっきり言ってしまえば、自分自身のしあわせを一番に据えた方がいい。親や子供も含め周囲の人間は2位以下という位置付けでいいかと。それくらい自分ファーストにすれば生き延びる方法を見つけられると思います。

どこかの大統領みたいに普段から自分ファーストな行動ばかりしていると、逆に生きにくいということにもなりますが、追い込まれた時には、心の片隅に「自分の人生、自分が主役で当たり前。それが俺の行動指針」くらいの図太さが必要かと思います。

少なくとも自殺という選択肢が心の片隅にもないわたしは、生き抜く覚悟は十分ということはよくわかりました。



この記事のURL | 雑感 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
配当金生活は長続きしない
2018/05/22(Tue)
利子生活とか配当金生活って言葉に魅力を感じる人って多いですよね?
わたしも30代半ばくらいまではいい響きと感じていました。

配当金生活の概念、それは
①配当金だけで生活費すべてをまかなう
②配当金を生活費の足しにする

どっちでしょうか?
一般的には①のことを指すかと思います。
わたしのリタイア生活は②を想定していますが、今日はみんなの憧れ、①について考えてみます。

仮に年間生活費を200万円、投資リターンを2%とする場合、必要資産は1億円です。年間生活費が200万円であれば1億円あれば投資元本が減らないということ。
カネを遣っても元本が減らない=憧れの生活 ということでしょう。
確かにそのリターンが確保できれば、寿命までその生活が可能ということになりますが本当にそれでいいのでしょうか?

元本が減らないということは、キラキラした未来があるように感じる反面、1億円を持ったまま寿命を迎えるということ。
それを良しとするのならいいのですが、わたしは絶対ムリ。
なぜなら、それなりに苦労して作った1億円という資産に手をつけることなく人生が終わってしまうということだから。その作り上げた年数が無駄になると感じてしまうのです。

例えば20歳から蓄財をスタートして40歳で1億円に達したとしても、純粋に①の配当金生活ができるのは50歳くらいまで。
50歳くらいからは元本を切り崩していかないと資産を残したまま・・・ということになるからです。

つまり、10年の配当金生活のために20年の時間を無駄にすることに合理性があるのかどうか?ということ。

結論:配当金生活は長続きしない




この記事のURL | 早期リタイア | CM(8) | TB(0) | ▲ top
いちばん謙虚な年代は10代、次に20代・・・の順
2018/05/14(Mon)
昨日、わたしはいつも通り仕事をしていたのですが、母の日ということでショッピングセンター内の花売場で花ギフトの販売の応援をしていました。
母の日って花屋は超忙しいんですけど、贈る側の優しい気持ちがこっちにも伝わってくるんで意外と楽しかったりします。

中には学生さんっぽい若い男の子がひとりで来て花を買っていくんですね。アルバイトで貯めたお金でお母さんに花ギフトを買う・・・

うるうるもんです

わたしは今年、何もプレゼントを準備していなかったのですが、その男子学生の姿を見て、すぐに妻に電話をして「花を買って届けて」とお願いしました。

昼過ぎまではそんな感じで若い人に学びつつ仕事をしていたのですが
その後は一変。

別の仕事でいい年したおっさんが悪意により同僚を困らせようとしてのトラブル発生。
第三者の具体的な証言があるにもかかわらず、本人にヒアリングするととぼけた返答。
そしてヒアリング後に陰で悪口を言う上司・・・。

午前中とは正反対の大人の心の汚さを感じつつ、モヤモヤ感満載で一日を終えることになりました。

年をとるごとに外見と比例するように内面も劣化していく大人が多いと感じてはいますが、それを証明するような母の日となりました。
リタイアとは何にも関係ないのですが、自分への戒めも込めて記事にしました。



この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ