責任あるリタイアプラン
2017/11/20(Mon)
早期リタイアを志している方でたまにブログ上で自身の寿命までの資産シミュレーションをしている方を見かけます。
独身の方の資産シミュレーションを見たことがあるのですが、妻帯者のシミュレーションってあまり見かけないような気がします。今回は妻帯者または結婚を考えている人向けの記事となります。

わたしも以前に90歳寿命を想定した資産シミュレーションを記事にしました。そこには90歳時点で500万円少々の手持ちがあるので問題はないのですが、この自分が死んだ時の資産について考えないといけないと思います。というか、それがなければ不十分です。

どういうことか?

それは自分が死んだ後の妻の生活についてのことです。
わたしには妻がいて、わたしが90歳になった時、妻は87歳です。
現在、日本の女性の平均寿命は男性より6歳ほど長いです。ということは3つ年下の妻はわたしが死んでから9年ほど生きるという線が濃いわけです。
つまりわたしの死後9年分の妻の生活費をリタイア費用として見込んでおかなければいけないということです。

まさか「自分が死んだら後のことは知らん」ってことはないですよね?

今から40年以上も先のことになるので年金がどうなっているかなど予測もつきませんが、わたしは死亡時に妻の生活費として最低1000万円は残そうと考えシミュレーションしています。わたしが死んだら死亡保険が500万円おりるので、わたしが死ぬ直前にあと500万円残せばトータル1000万円でOKという計算。

寿命は予測できませんが、奥さんより年齢が上の夫であれば十中八九奥さんの方が長生きします。
わたしのリタイアライフは周りに迷惑をかけないことも重視することのひとつです。これが責任あるリタイア夫の姿と考えています。



この記事のURL | 早期リタイア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
早期リタイアの効能がここにも
2017/10/19(Thu)
わたしの勤める会社は業績が悪く以前から少し傾いていたのですが、ここにきてさらに大きく傾いてしまっています。
社内では「もう少しで今の会社がなくなってしまうんじゃないか?」ってくらいの大騒ぎになっています。

その件について公然と上司に意見や質問をする人もいますが、そうでなく口に出さずに押し込めている人も多いでしょう。
わたしはトイレの落書きとは思いながら、匿名掲示板で社員の本音はどうなのかと探ったりしています。

するとそこには 「まだまだ大丈夫」「給料が2割カットされる」「会社がなくなって社員は路頭に迷う」とかいう書き込みが盛りだくさん。
ご存知の通り、あのような掲示板には煽りが多く事実でないことも多く書き込まれていますが、寄せられた意見を大きく分けると「しがみついた方が良い」か「さっさと転職活動をすべき」のふたつです。
ああいう書き込みを真に受ける社員にとっては悲壮感あふれる感じなのでしょうが、わたしが問題と思うのはどちらもネガティブ臭漂うこの2択しか選択肢がないことです。

わたしも当の社員なので来るべき時には何らかの選択を迫られることになりますが、その答えはもちろん

『会社を辞めて転職もしない』

です。極めてポジティブに捉えられています
わたしにしてみれば会社の現状に関わらず元々その選択肢しかないので問題はありません。
というか、掲示板で煽って社員の不安を面白がっている人を斜め上から目線で見ている自分ってさらに性格悪いなと感じた次第ですw

民間企業はよく持って30年と言われているわけで、もし30年で会社がなくなるのなら多くのサラリーマンは人生で1回は会社がなくなる憂き目にあうということになります。よほどの超優良企業にお勤めでもない限り、いつどんなことがあってもあたふたしないでいられるようにした方がいいと思いました。



この記事のURL | 早期リタイア | CM(2) | TB(0) | ▲ top
働く理由は明確にする
2017/08/02(Wed)
わたしは若い頃からの投資や節約の成果も出て現在はわたしが完全リタイアしても質素な生活であれば可能という所まで来ています。
質素な生活は苦ではないので もうこれ以上カネを得るために働く理由があるのかという疑問があります。
早期リタイアを達成した人には今のわたしと同じことを考えた人もいるのではないでしょうか?
絶対額が全然足りないという状況をわたしも当然経験しているわけで、そう考えると今は贅沢なことを考えているなぁと思います。

多くの一般人が働く理由の一番は 生活費+α を確保するためでしょう。
しかし実際は何にいくらかかるかなんていうのは明確ではなく「生活するのに多額のカネが必要だから」というぼんやりとした理由で毎日出社すると言った具合ではないでしょうか。
先は見えないけど働かないと生活できないだろうから働く・・・言わば闇の中で歩き続けるといったイメージ。

これは辛い。

辛いことにはやっぱり人間ゴール(終わり)が必要です。そのゴールをどう見い出すかを考えた方が絶対いい。
自分がどう生きたいのかをベースにした上で、将来のカネの計算をする。これを見える化すればゴールは見える。
見える化することで絶望してしまう人がいるかもしれませんが多くの人はそんなことはないはず。

必要は発明の母。

まずは自分が何を必要としているのか、から始めればいいのだと思います。

幸運にもわたしはそのゴール近くまではきました。
寿命までの必要生活費を算出してその金額をクリアしたとなれば、あとは+α つまり自分のやりたいことを上乗せして実現するために働くというステップに入ります。
どういうことか?
例えばわたしは2020東京オリンピックをゆっくり現地観戦したいという希望があります。
オリンピック期間2週間とあと2週間ほどプラスして計1ヶ月ほどは東京に滞在します。この費用はざっくり計算して70万円。
70万円といえば2カ月働けば確保できます。この費用を稼ぐために今月と来月働きに出るといった感じです。

仮にどこかに移住したいと考えているのならその移住費用を確保するために○○カ月働くでいいと思います。

これで働く理由は明確かつ具体的になります。

お金に色は付いていないので何に使ってもいいのですが自分の中で使い道を指定することでこれから先、働くモチベーションも上がるというもの。
意味なく働くのではなく働く理由だけ明確にしておきたいものです。



この記事のURL | 早期リタイア | CM(4) | TB(0) | ▲ top
早期リタイア失敗の恐怖は現実にはならない
2017/07/29(Sat)
早期リタイアを目指す人が「どうして早期リタイアを目指すか」と質問されたら「イヤなことはせず限られた時間を楽しく生きたいから」というような答えが返ってくると思います。

わたしもそうです。

では「早期リタイアすることで何か恐れていることはあるか?」と聞かれたらどうでしょうか?
それは「質素な生活さえできないほど経済的に困窮すること、つまり野垂れ死にすること」 ではないかと思います。

しかし早期リタイア実現に計画的に取り組んでいるきちんとした人たちがそんなことがありえるのでしょうか?
何も考えず生きている人がたくさんいるにもかかわらず、食べるものがなくなって餓死したなんて聞いたことがありません。弱者に優しいセーフティネットもありますしね。

しかし仮にそういう状況に追い込まれたらどうするか?

人間は基礎的欲求である生理的欲求、そのなかでも食べるものがなければスーパーやコンビニで万引きでも何でもするでしょう。
それ犯罪でしょって?
今日食べなければ死んでしまうというほど追い込まれた状況の人が「これは犯罪だから止めておこう」なんて判断になるのでしょうか?
いや、ならないでしょう。
たぶんわたしはならない。そこまで追い込まれたことはないから「たぶん」としか言えないけど。

仮に万引きをして逮捕され刑務所送りになったとしても衣住食のすべてが確保されます。健康体であれば塀の中で仕事もできるし勤務時間は8時~17時という実働8時間の毎日がノー残業デー。
運動不足になったり酒浸りになったりすることもなく考え方によっては超健康的な生活を送れます。

デメリットは世間体が悪すぎることと自由がなくなることだと思いますが餓死することに比べたら苦痛度合いはずっと下。
マズローの欲求5段階説によると、餓死しそうになることは第一段階の生理的欲求を満たせない状態。犯罪を犯して刑務所に送られるというのは第二段階の安全欲求までは満たしていて その次の社会的欲求が満たせていない状態です。
どちらが崖っぷちか?

人は極度にのどが渇くと汚い油が浮いた水でさえも飲むのです。
それが答え。

ということで早期リタイアを目指す人が心に抱く恐怖は現実とはならないという結論になりました。



この記事のURL | 早期リタイア | CM(4) | TB(0) | ▲ top
早期リタイアは日本人向き
2017/06/19(Mon)
30代~40代の金融資産平均は約500万円、中央値にいたっては約200万円というデータがあります。
こういうデータを見ると これくらいの資産でも餓死することもなくみんなそれなりに楽しく生きていけると考えているんだから自分は余裕で早期リタイアできるな、と思ったりします。

しかしこれは他人との比較によるもの。ライフスタイル、考え方が違う他人と同列に比べてはいけません。
その他人の多くは70歳、80歳まで働くことを苦と思わない人たちです。
そんなことないって?いえ、そんなことあるんです。というか、そう思っておいた方がいい。フルマラソンでゴール直前になって「ゴールは20km先だよ」と言われても平然と走り続けられる人なのです。

これはわたしにはマネができないすごい才能の持ち主。
その才能がないわたしのような人はそれをカバーするためにまさに脱落(リタイア)する権利を持っておくことが必要となります。動物は長い時間をかけて生きながらえるよう進化を遂げてきたわけで ここでも進化をしないといけません。

このようにリタイア至上主義のわたしは早期リタイアが全部正しいような結論に毎度誘導するのですが、この早期リタイアというライフスタイルはそもそも人間科学的にどうなのか?ちょっとだけ早期リタイアを科学してみますw

早期リタイアというと日本人というより欧米人の発想と思ってしまう人も多いと思うのですが元来、毎日自分が生きるために働きにでるのが狩猟民族(欧米人)。収穫したものを翌年秋まで持たせるのが農耕民族(日本人)とすると、必要なものを早い時期に蓄えて死ぬまで生活しようとする早期リタイア人は農耕民族の極み。
その点から早期リタイアというライフスタイルは欧米人よりも日本人の気質と相性がいいということになります。

実際は毎日働きに出る欧米人の狩猟生活を採用している日本人がほとんどですが、自分の気質にあったライフスタイルをする方が無理がないという結論に今回も達しましたw



この記事のURL | 早期リタイア | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ