FC2ブログ
大事なのは、老後じゃなくて そのちょっと前
2019/08/29(Thu)
先日、国から年金財政検証の結果が示されました。これは5年に一度公的年金の長期見通しを試算したものです。
年金いくらもらえそうか? っていう大事なものです。
リタイアラーに限りませんが、これはこの先の人生を展望する上でチェックしておくべきことなので記事にしておきます。

それによると、30年後には標準的なモデルケースで年金受給額が2割程度減少するとの結論に至っています。
世代や経済成長率によって減少率に差はあるようですが、わたしとしては大体想定通り。

最近はこういうネタはマスコミ様が煽りたてることもあって、世間の反応は悲観一色。
受給開始年齢も現在の65歳からもっと先に延ばされるだろうとか、70歳もあるだろうとか。。

そうです。
多くの人は70歳から先のこと、つまり人生終盤の生活について大きな心配をしているのです。
下手したら20代の若者が老後の心配だとか。。

ここでわたしが突っこみたいこと。

クローズアップするタイミングが違う!

生きてはいるだろうけど、楽しく生きられない時期のカネの心配はあまりしなくていいと思います。
わたしは90歳までの収支を見込んだ資産のシミュレーションをしていますが、70歳以降、特に80歳以降の生活費は特に小さく見積もっています。
生きているかどうかもわからない、少なくとも何かしら健康を損なっているであろう時期のために、大きなカネを準備しておくわけがないと考えるからです。
70歳以降は風雨をしのげる家に住めて、腹八分目の食事ができる生活レベルで十分と思っています。
衣・食・住を満たすと言いますが、衣なんかは底辺レベルでかまいませんね。

多くの人は人生最後の最後まで今と同じ生活レベルを保ちたいと考えているから、将来が不安になるのではないでしょうか?
一定ではなくて、人生どこで我慢してどこで楽しむか?ここが大事。
そこんところある程度メリハリをつけることで、無用な不安をなくして人生の充実度を上げていきたいと思っています。

楽しくない時のために、楽しめる時期を犠牲にすることの方をもっと心配すべきだと思っています。



この記事のURL | 早期リタイア | CM(2) | TB(0) | ▲ top
戦略家であれ
2018/07/26(Thu)
世間でいわれる社会的地位についてですが、普通、社会的地位が高いというのは、誰もが認める安定した会社や組織で上位職に就いているということ を指すと思います。

しかし、この社会的地位の概念とは真逆の層がいます。
それは・・・

既婚女性

既婚女性の社会的地位、ヒエラルキーとしては実質無職の専業主婦が一番上。その次に短時間のパートタイマー。そして正社員といった具合。

女性は学校を卒業するといったん正社員になることが多いですが、仕事に疲れてくると逃げ場として結婚を目指す人も多いみたいです。そして結婚して家庭におさまって正社員で働かなくていい環境になりラッキー といったパターンが多いのではないでしょうか?

離婚など何かネガティブな理由によりカネが必要になった時に女性は再び正社員を目指すことがありますが、それはどちらかというと消極的選択。
つまり、女性にとって正社員というのはビミョーな立ち位置なのです。
なんだかんだ言っても男性の方が高収入を得やすい社会なので、男性もこの構図は仕方がないと納得しているのではないでしょうか?

まあ、言ってみれば

男も女もあまり働きたくないんですよ、みんな。

だからできれば他者に頼りたい。
そう、他力本願。
男性も誰か頼れる人いればいいのですが誰が自分を養ってくれるのか?
答え・・・

誰も養ってくれません

じゃあどうするか?
他力が無理なら自力で何とかするしかない。

わたしの場合は過去に築いた資産が、この先のわたしの生活の面倒をみるということになります。
つまり、過去の自分が将来の自分の生活の面倒をみるということ。
自分が自分の面倒をみる。この構図に他者は存在しません。
自分だけで完結しているわけなので、他人に批判されることもありません。

これを批判するのであれば、他者に依存しきっている専業主婦はもっと批判されるべき。
専業主婦もその人の戦略が功を奏して得た“最高地位”なので頭がいいとは思いますが、男も指をくわえて見ているだけだなんてもったいないので何か考えないといけないと思います。

早期リタイアが目標であれば強い意志とそこそこのカネがあれば何とかなるでしょう。
ただし若いうちに考えないとダメ。
時間とカネを両睨みすることが必要なリタイア志望者は20代、遅くても30代で考え始めるべきだと思います。
早めに仕掛けて早めに人生を楽しみましょう。




この記事のURL | 早期リタイア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
セミリタイアの定義が変わった?
2018/07/23(Mon)
わたしはブログの更新頻度が低く、最近では月に3回程度となっています。
自分のブログもあまり書きませんが “セミリタイア生活”カテゴリーに登録している他の皆様のブログを見ることもほとんどありません。昔はよく見ていましたが、今は月に1回も見ることはなく年に数回といったレベルでしょうか。

そんなわたしですが、今日気が向いてブログ村の皆様のブログを見ていました。
すると、あるブログで “バイトを辞めてセミリタイアする” というような表現を目にしました。しかも複数のブログで。

えっ、バイトくらいはするものがセミリタイアでしょ?

セミリタイア生活ブログ村にしばらく来ないうちに、時代の流れで言葉の定義が変わってしまったのでしょうか?

わたしの頭の中では完全リタイアは、全く働かずに手持ちの金融資産を運用または取り崩しながら生活すること。
セミリタイアはたまにアルバイトでもして、生活費の一部をその収入でまかないながら金融資産の減少のスピードを抑えて生活していくこと、という区別なんですけどね。
これ間違ってるのかな。

まあ、そもそも完全リタイアとかセミリタイアなんて市民権を得ているわけでもないような俗語って感じで定義なんてあってないようなものなのかもしれませんね。

前からそんなことを思うことがあって、わたしは今までセミリタイアという言葉は使わず早期リタイアという言葉を使っています。どっちでもいいけど。

で、自分としてはどっちなんだ ってことを自分自身の再確認として書いておきます。
わたしとしては、完全リタイアができる経済的な状態にして、リタイア後、新しい趣味ができてカネが必要という状態になれば、その趣味の邪魔をしない程度に必要な金額分だけ稼ぐと、いう想定でいます。
いまの質素な生活を続ける限りアルバイトをする必要はないかもしれませんが、わたしのライフプランではこの先15年くらいは人生を楽しむ時期と決めていますので、ちょっとカネがかかることになると思います。

わたしは労働が嫌いで嫌いで仕方がないといわけではありません。今のように毎日13時間も拘束されてトラブルだらけでボロボロにされるという働き方がイヤなのです。一日数時間のアルバイトであれば「たまには世の空気を吸ってくるか」といった具合で問題はないと考えています。
ということで、完全リタイア時々セミリタイアといった感じで過ごす予定です。



この記事のURL | 早期リタイア | CM(2) | TB(0) | ▲ top
配当金生活は長続きしない
2018/05/22(Tue)
利子生活とか配当金生活って言葉に魅力を感じる人って多いですよね?
わたしも30代半ばくらいまではいい響きと感じていました。

配当金生活の概念、それは
①配当金だけで生活費すべてをまかなう
②配当金を生活費の足しにする

どっちでしょうか?
一般的には①のことを指すかと思います。
わたしのリタイア生活は②を想定していますが、今日はみんなの憧れ、①について考えてみます。

仮に年間生活費を200万円、投資リターンを2%とする場合、必要資産は1億円です。年間生活費が200万円であれば1億円あれば投資元本が減らないということ。
カネを遣っても元本が減らない=憧れの生活 ということでしょう。
確かにそのリターンが確保できれば、寿命までその生活が可能ということになりますが本当にそれでいいのでしょうか?

元本が減らないということは、キラキラした未来があるように感じる反面、1億円を持ったまま寿命を迎えるということ。
それを良しとするのならいいのですが、わたしは絶対ムリ。
なぜなら、それなりに苦労して作った1億円という資産に手をつけることなく人生が終わってしまうということだから。その作り上げた年数が無駄になると感じてしまうのです。

例えば20歳から蓄財をスタートして40歳で1億円に達したとしても、純粋に①の配当金生活ができるのは50歳くらいまで。
50歳くらいからは元本を切り崩していかないと資産を残したまま・・・ということになるからです。

つまり、10年の配当金生活のために20年の時間を無駄にすることに合理性があるのかどうか?ということ。

結論:配当金生活は長続きしない




この記事のURL | 早期リタイア | CM(8) | TB(0) | ▲ top
早期リタイア生活のオトク度を測る
2018/03/15(Thu)
ボウリングやカラオケ、スポーツなどが3時間1500円ほどで遊び放題とかいう娯楽施設店がありますよね。
わたしの知人でそういうお店で働いている人がいるんですけど、その知人に聞くと春休みに入りかけた今は学生さんに大人気なようです。
わたしはそういった娯楽施設店に行きたいと思わないのですが、この“楽しい時間を買う”という考え方は早期リタイアの考え方の原点だと思います。

そうです。
人生遊び放題プランがあってもいいんじゃない? ってことです。

例えば・・・
20年間遊び放題・・・5000万円

このプランがあったらどうか?
これって割高なの? それとも割安なのでしょうか?

娯楽施設店の料金にならって20年間(7300日)遊び放題プランのパフォーマンスを時間当たりで測ってみます。

5000万円÷(7300日x24時間)=約285円
つまり1時間料金が285円。
娯楽施設の3時間パック1500円よりも断然オトクです。
もし同じ金額で30年間自由に生きたなら1時間料金が190円まで下がります。

早期リタイア生活は実際には遊び放題ではなく、自由の束縛から解放されるというだけで娯楽施設店のそれより満足度は低いと言われるかもしれません。
本当そうでしょうか?

娯楽施設店のメニューは当たり前ですが、そこの施設内の遊びしかできないわけです。でも早期リタイア生活はそんな縛りはありません。衣食住を満たす上に、その他どんなことをしようとも その金額の範囲内ならまったくの自由です。他人の前では憚られることをやっても特に問題はありません。

このことから満足度は、娯楽施設店のそれに引けを取っていないどころか優位性があります。



結論:早期リタイアはオトク感強し



この記事のURL | 早期リタイア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ