理想の資産カーブ
2018/04/06(Fri)
先日、どこかのサイトで世代別の平均貯蓄額の記事が載っていました。
これをグラフにするとこんな感じになります。

とも


こういう記事は見飽きた感もあるのですが、世の平均的な人たちの多くは人生最期の時まで家計が破綻することはないわけなので、我々リタイアブロガーもこれを大幅に下回ったりしない限り人並みの生活はできると考えていいでしょう。

わたしも将来の貯蓄額を可視化して、今後予定しているお金の出入りに問題がないか あらためて確認してみました。
平均貯蓄額のグラフにわたしのプランのグラフを合わせるとこんな感じになります。

こ


もちろん わたしの歩む道は赤の線。
見ての通り、40代で平均世帯(青線)とは貯蓄額の差が大きくありますが、50代以降徐々にその差は縮まって80代でほぼ同じになります。
『健康で人生楽しめる時に楽しんでおく』
という考えのわたしが目指す まさにベストの資産カーブです。

ちなみにあり得ない設定ではありますが、60歳まで働いたことを想定した時の貯蓄額もグラフにしてみました。はい緑の線です。

今の生活レベルを続ける限り、支出より収入の方が多いわけなので当然ながらその労働収入が途絶える直後の60代が頂上にきます。
額に差はあれ、青の線と頂上の世代は同じです。
多くの人がこの60代頂上カーブにしようとしているのは、収入が途絶える年齢にお金の量が最大になることで今後の生活の安心を得ようとしているため。

考え方としては、わたしも多くの人たちと同じです。違うのは収入が途絶える年齢だけです。なので40代で貯蓄額が最大になっているということです。

一見すると、緑の線だと老後は安泰でしょう。経済的には不安要素は見当たりません。
しかし、ここで見失ってはいけないのが、どうやって人生を楽しむかということ。
貯蓄の上限は有りませんが、人生(正確には楽しめる時間)は有限です。
縦軸と横軸のバランスを意識しながら人生を楽しむ、そして上手にソフトランディングしたいと思っているわたしは、このグラフを見てちょっと安心しました。



この記事のURL | お金について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
100万円の価値を知る
2018/03/12(Mon)
わたしが子供の頃のお金持ちは「100万円持っているかどうか」でした。これはもちろん100万円の本当の価値がどうのとかではなくて大きな金額の代名詞が100万円だったのです。
いまでも100万円が大きな金額であることに変わりはありませんが数千万円、数億円という数字が飛び交っている今では100万円の価値はあまり注目されません。今では新車の軽自動車1台も買えませんからね。

しかし、自分の資産額の価値だったり、また消費基準の尺度としては100万円というのはわかりやすい単位なのかなと思っています。
なぜ100万円単位かというと、1000万円では大き過ぎるし10万円ではちょっと小さいからです。

わたしのように庶民の生活をしている者にとって日々の暮らしの支出というのは数千円~数万円程度。数十万円の支出っていうのはあっても年に数えるほどですよね。
一般的に家賃や住宅ローンの月の支払い額は数万円~10万円くらいだし、年払いの保険料でも多くて数十万円くらいですよね。
一度の支払い額で数十万円に達する支出項目ってありますか?子供さんがいる家庭では大学の入学金とかなのかな?

つまりこのような庶民の生活をしている限り100万円という数字を超える支出は滅多になく、モノやサービスの価値を計る物差しとしてわかりやすい単位だと思うんです。

わたしなんかは普段の消費生活は底辺層クラスですので一度に数万円使うことは稀。ついこの間、1泊で東京へ街歩きに出掛けたのですがその支出は総額で2万円弱でした。
滅多にない自分へのご褒美でもこんなもの。100万円の50分の1消費しただけです。そう考えるともっともっとこの程度の娯楽は増やした方がいいという消費方針の変更にもつながります。

普段なんかは餃子の王将で1000円遣ったら「贅沢した~」って感じるわたしですが、100万円だとその“贅沢”が1000回できるんですよ。こう考えると100万円の価値ってスゴイんですわw
こんなみみっちいことから人生の一大イベントまで幅広くカバーしちゃう上にちょっと夢がある金額が100万円なのです。
だって目の前の自分の欲望ならほとんど叶っちゃうでしょ?

そんなこんなで例えば1000万円という金額であれば100万円を10個持っているに置きかえられます。
1円を1000万個持っているだったり、1万円を1000個持っているなんて多いのか少ないのかよくわからないことないですか?
人生の大きな目標とか構想を思いめぐらすうえでも とてもわかりやすい単位でよくわたしの頭の中に現れる金額です。
資産が数千万円とか数億円とか数字が大きくなったはいいけど、実際の価値が分からなくなってしまっているお金持ちの方にはおすすめです。




この記事のURL | お金について | CM(2) | TB(0) | ▲ top
2017年の収支
2017/12/27(Wed)
2017年もあとわずかということで今年の収支の締めを簡単に書き留めておこうと思います。
今年は投資環境が良かったにもかかわらず、今日現在で昨年末資産残高と比べて プラス470万円。

これは全然満足できる数字ではなく、可もなく不可もなくといったところ。というか不可に近いかな。
30代の頃は1000万円の資産上積みは「2年かからん」と豪語してたこともありましたが、40代後半になった今では2年以上かかっていますね。。

その理由・・・それは昔ほど投資に本腰を入れていないこと。これに尽きます。

あまりリスクをとる必要もなくなってきてはいますが、さすがに銀行預金が多額な状況というのはちょっとダメかなと。2018年はもっとリスクをとっていくという当たり前のことをしていくことですね。

ところで来年は戌年。わたしは年男になります。
よく新年のインタビューで「飛躍の年にしたい」とか言いますがわたしは飛躍なんて無理。基本、今までと同じ取り組みをして40代リタイアの完成形とする年とします。



この記事のURL | お金について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カネをどう有効に使っていくか
2017/09/25(Mon)
最近は「賢く貯蓄・・・」などのタイトルで節約指南の雑誌が出ていますね。
その中で貯蓄に有効として取り上げられているのが「先取り貯金」。
これは文字通り、収入を得たら使ってしまう前に先に確保しておくという手法。たしかに物理的に手をつけられないようにしたらその分は貯まります。

この手法はどうなのか?

これはなんとか合格ラインである60点を目指す節約初心者の手法だと思います。100点に大きく及ばないのは先取りしなかったお金はすべて使っていいという発想になりがちだから。

この先取り貯金。
これをしないと貯まらないという人がいますがこれは間違い。
有り金をすべて使い果たしてしまうという人には方法論としては有りというレベルでしかありません。

わたしは先取り貯金というものをしたことがありません。
いくら残すというより、無駄を省く取り組み、つまりプロセス重視の取り組みをしています。
なので方法としては、先取り貯金とは正反対の「残っただけ貯金」。

この方法は先取り貯金とは違いクリエイティブな活動であり節約を前向きに考えることにつながります。
大事なことは小手先のテクニックではなく強い意志だと思います。

豊かな生活をしたいというヒトの無限の欲望が資本主義の発展の源泉だと思うので、有り金を使い果たすというのはある意味これは健全。

問題は目の前の欲望なのか先々を見据えた欲望なのかということ。

カネを使わないことが人生の目的ではないので、わたしも寿命が尽きるまでには有り金すべてを使ってしまいたいと考えています。ペース配分には気をつけたいと思います。



この記事のURL | お金について | CM(4) | TB(0) | ▲ top
いくらカネを持ってるか聞かれた
2017/05/29(Mon)
先日会社の同僚(Tさん)から次のような質問をされました。

Tさん 「かぴばらMさんって投資で成功しているんですってね。(金融資産額が)億は超えてますか?」と。

投資で成功?億超え? とか突然そんな話が出てきて何それって感じ。
投資で成功っていうのは、どれくらいの実績があればそれに当てはまるのか基準がわからないから答えようもない。

どこからそんな話が出てくるのかわかりませんが噂話に尾びれが付いてといった感じでしょうか。
そして質問内容は高校生みたいに億超えなのか超えてないのかという興味本位な2択。

まぁ、嘘を言うこともないから・・・

わたし 「投資で成功なんてしていないし、億も超えてませんから」

Tさん 「じゃあ5000(万円)くらいですか?」

わたし 「金額は年3%で運用できたら利子生活ができる程度」

具体的な資産額を言うのも何なんでこんな風に答えておきました。
わたしの年間生活費を知ってないと この方程式は解けないわけで、彼の想像力を働かせることができてイイはぐらかし方だったと思いましたけどね。

彼の質問レベルはともかく自分にとって意味のない金額を目指すほど人生の残り時間は多くないことだけは再認識しました。



この記事のURL | お金について | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ