10年前を振り返る
2017/06/26(Mon)
今日は仕事が休みだったので近くのショッピングセンターをぶらぶらとしていたら10年前に同じ営業所で仕事をしていた同僚とバッタリ遭遇しました。
当時、彼は独身でしたが、今日は奥さんと赤ちゃんも一緒で時の流れを感じました。奥さんも同じ営業所に勤めていた方でわたしもよく知っているので近況を少しだけ立ち話をしたのですが 10年一昔 と言うだけあって懐かしく感じました。

日々忙しいと過去のことなんて考えないかもしれませんが今日はそんな出来事があって自分の10年前を思い起こしていました。

まず、仕事については今現在よりのんびりとした職場にいてわたしのペースに合っていたので比較的イキイキとしていました。
その後の転勤まではあまり悩むこともなく過ごしていたと思います。特に出世をしたいとか考えていない人は、こういう可もなく不可もない という何もない期間というのはとても貴重です。

プライベートではその後、結婚したこともあり世間一般的にはリア充一歩手前といった感じだったのかもしれません。
30代半ばを過ぎて独身だと周囲から心配ばかりされて居心地が悪いのは事実。わたしは仕事柄、お正月やお盆は出勤なのですがホント良かったと思いましたから。
3組に1組は離婚する(実際はもっと少ない)と言われていますが、逆に言うと離婚する方が少数派なわけで結婚生活継続を選ぶ夫婦が多数派。これをどう見るかはそれぞれですけど、まぁそういうことかなと。

そして早期リタイアの方はと言うと、30代半ばの当時はリタイアに向け取り組み真っ最中。当時、金融資産は4千万円に届かない程度で住宅ローンもまだ残っていて わたしの目指す早期リタイア達成にはまだまだ先が長いという状況でした。

わたしはちょうど今日の給料日で資産額的にひとつの節目を通過したのですが、みんなそれぞれ目指す所に近づいているんだなぁ、としみじみ思いました。
わたしのように長い間、目標へ向かって取り組みをしている人もいると思いますが、たまには立ち止まって自分を褒めてあげてください。



この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
お行儀の良い人を相手にした方がいいに決まってる
2017/04/20(Thu)
今日は20日ということでウェルシアが入居するイオンショッピングセンターに出かけてきました。
核テナントをはじめ入居するテナントを見る限り ターゲットにしている客層はロウアーミドル、またはロウアーといったようなショッピングセンターです。
消費生活が底辺のわたしにとってこのショッピングセンターの利用価値は高いわけですがいろいろ思うこともあるわけで。。

ウェルシアで買い物を済ませた後、核テナントであるイオンに向かいました。イオンといってもディスカウント業態のあれ。
20日ということでこちらもお得にお買物ができるということで店内は大盛況。
わたしは必要なものだけを購入して帰路につこうとしたのですが、おっと忘れてた「お客様の声ボード」の視察w

今日、目に付いたのは
『レジが混雑している時に礼をするレジ従業員はむかつく』
という書き込み。

お辞儀がないことに対して苦情を書くのならまだわかりますが、きちんと応対している人に対して苦情を書く。
そして最後の「むかつく」という言葉遣い。
まさにロウアー相手の商売だなぁ とお店に対し気の毒な気持ちになりました。

消費生活だけならその人よりもわたしの方が底辺である可能性が高いのですが頭の中がロウアーというのはちょっと相手にしたくない。

わたしもイオンと同じような仕事をしているのですが、どの客層を相手にするのかというのはそこで働く人にとっては最重要事項といってもいい。できることならアッパーミドルを相手にしたいところですが、ミドルでも周囲がリア充だらけのファミリー層ならまったく問題なし。しかしロウアーミドル以下だと大変。低価格という恩恵を受けているにもかかわらずしょうもない苦情を言ってきます。
会社の経費構造など頭の片隅にもない人たちのしょうもない論理に日々付き合わされることになります。

御承知のように日本はアメリカなどと違って階層別に住む場所がはっきり分かれているわけではありません。ほんの一部の地域を除いてアッパーもいればロウアーもいるといった地域がほとんど。玉石混交というやつです。
ということは商業施設もピンからキリまで同じ地域に同居します。そして高級スーパーにはその土地のアッパー住民が、逆にディスカウントストアにはその土地のロウアーが集まるというのが自然の摂理。

わたしもいろんな客層のお店を経験しましたがやっぱり上に近いほどお行儀が良いのは間違いありません。
ロウアーの分布によってはお買物だけではなく地域の治安にも影響を及ぼすことなので住む場所選びには周辺の環境を考慮することも必要でしょう。

わたしのように仕事が嫌いな人もせめてそれなりに気持ち良く仕事をしたいと思うのが自然な思考です。特に若い人たちは間違ってもそのような客層を相手にする会社や部署を希望しないようにしてください。
問題は自分が気持ちよく仕事ができるかどうか。これ、結構大事ですよ。



この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
旅の記録(金銭面)
2016/11/01(Tue)
先日の東京ぶらり旅にかかった費用をメモ代わりに記事にしておきます。
今回の1泊2日東京旅の費用総額は24500円ほどでした。

内訳として大きなところでは
・行きの交通費・・・夜行バス5440円
・宿泊費・・・マンキツ1860円
・帰りの交通費・・・ぷらっとこだま8100円

これを合計すると15400円

これに現地での交通費、飲食代とお土産代で9000円ほど。
まあ大の大人が2日間楽しめてこの金額なら問題はないでしょう。

次回の備忘録として今回の旅で利用した交通・宿泊手段の評価をしておきたいと思います。

【評価】
・夜行バス(5440円)・・・×に近い△
理由:バスは3列シート・トイレ付き、しかも乗客は少なめ、いびきをかく人もいなかったと良い条件は揃ったのですが
シートをフラットにできるわけではありません。だから首が痛い!所要時間は6時間程度でしたがやっぱり到着した時はかなりの疲れが・・・。
年齢のせいもあるかもしれませんが夜行バスの限界を感じました。

・マンキツ(1860円)・・・
理由:東京滞在時によく利用するマンキツなのですが今回は若干広めのマット席で身長175cmのわたしが斜めに
なって寝れば足も完全に伸ばせて問題はありませんでした。いびきをかく客も許容範囲内(席の移動は3回までOK)で朝までゆっくり過ごすことができました。
ちなみにシャワー室有り、簡易の金庫有りで安心!
昨今の宿不足でホテル利用は結構高くつきます。この価格差ならマンキツに軍配が上がります。

・ぷらっとこだま(8100円)・・・
理由:東京→名古屋間をのぞみを利用したら1時間40分。こだまなら2時間50分です。
1時間少々余分に時間がかかるだけのことで料金はのぞみに比べ2700円お得になります。
これは使える!
事実こだまの自由席はガラガラだったのに指定席(ぷらっとこだまは指定席)はほぼ席が埋まっていて
東京から名古屋まで乗客の乗り降りもあまりなくこのプランを利用している人が大勢いることに気付きました。
まあ正直、寝て起きたら着いてる感覚です。  ※このプランは新大阪~東京までしかありません。

以上の通り、夜行バスだけが低評価となりましたが わたしの基準では東京1泊2日なら15000円以内というのがあるのでこれは仕方がないかなと。
今回のオフ会で招き猫の右手さんから昼行バス使用をおすすめされましたので時間に余裕があればそっちの方を利用したいと思います。



この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
はじめてのオフ会
2016/10/31(Mon)
なんかパクったようなタイトルですみませんw

先日、連休があったので東京にぶらりひとり旅に行ってきました。
東京は毎年1回か2回は訪れているので最近は名所を訪れるということは少なく街の探検みたいな感じで楽しんでいます。

今回も街の探検をしたのですが、それよりも今回のメインイベントはブログで交流のある招き猫の右手さんとのオフ会でした。

リタイアブロガーさんとの初めてのオフ会ということで適度な緊張感を抱えつつ待ち合わせ場所に向かい招き猫さんとご対面。
第一印象はいい意味で普通。
変人チックな人じゃなくて良かったってちょっと安心。
自分が言うのも変ですがリタイア関係者って一歩間違うとヤバイ感じがあるかもとか思っていましたから。
でもそうではなく「ちゃんとした自由人」という感じでしたw

そしてリタイア系オフ会の聖地らしいwサイゼリヤで食事をしながらのお話しでしたが、どういう人物かというのがほぼわかっているからか始まりから終わりまで よどみなく会話のキャッチボールが続きます。ブログでは書けない内容のことも聞けたりして楽しい会話が続き、あっという間の2時間半でした。

内容はリタイアに対する考え方をはじめ節約、また仕事など私生活がどうのとかそんなことです。
投資についてもお話ししましたが、これはわたしが自分の確固としたスタイルがあるわけでもなく不確実性の高いものなので、わたしが雄弁に話すこともなければ相手の話(誰であれ)に大きく影響されることもないのでほどほどといった具合。
投資についての姿勢としては招き猫さんはわたしに比べて積極的なしかけをしているようでした。

リタイアを考え始めた時期についてもお話しましたが招き猫さんはわりと最近のこと。
そしてすでにリタイア達成。
ここで感じたのは「鉄は熱いうちに打て」ということ。
わたしはもっともっと前から考えていましたがいまだ実行できず。
以前ツイッターで実現しないものの代表例として「2年以上先の結婚の約束」とつぶやきましたが これと同じで考え過ぎはダメで勢いが大事なのかなと感じた次第です。

招き猫さんは身軽な考え方が元にあってこれが人生を楽しくしているんだろうな、と感じさせてくれました。

また食事代まで出していただきありがとうございました。また次回を楽しみにしています(次は出すからねw)



この記事のURL | 日記 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ルールは時にねじ曲げる
2016/08/15(Mon)
先日わたしの勤務する営業所内で2千円以上のお買い上げでガラガラ抽選会に1回参加できる、というイベントがありました。
これは2千円以上で一律お1人様1回限りという決まりごと。
4千円買っても1万円買っても1回のみというものです。

そこでトラブルが・・・。
8千円買ったお客様から「8千円分買ったのだから4回させろ」というもの。
イベント担当者は「1回限りというルールがあるので1回しかできません」と説明。
イベント会場の看板にもそのルールはしっかりと明記されているので当然の対応です。

しかし、その客は「さっき館内放送でそのことは言っていなかった。表示がわかりにくい。だから4回させろ」と要求。
イベント担当者は再度説明するも客の怒りのボルテージは高まるばかり・・・。

やがて客が大声で怒鳴り始めたということで直接関係のないはずのわたしが現場に呼ばれました。
現場に着くと50代くらいの男性が30歳くらいの女性担当者2人を口汚く罵っているという状況。

そこで状況を聞いたわたしがとった対応は「4回してもらう」というものです。
女性担当者はわたしの言動を見てどう思ったかはわかりませんがそれで押し通しました。

客はその後も女性担当者に暴言を吐いていましたが、しばらくすると怒りも収まって帰って行きました。


あの場面でどう対応するのが良いのか?
ルールを客に説明して納得いただくのが良いのか?

わたしはそうは思いません。

ルール通り運営しないと他のお客様との間に不公平が生まれる。ゴネ得が許される。
確かにそうかもしれません。

しかし説明してもわからない客に対して頑なに突っぱねてもダメ。
そういうせこい客というのはそうそういるわけでもないし、それを許したことによってルール無視が蔓延するなんてことはありません。

なぜなら大部分のお客様は良識のあるお客様だからです。

その判断に至ったもうひとつの理由として当選賞品を確認したことにもあります。
テーブルに1等~4等までの賞品が並べてあったのですが数十円~数百円のものなのです。

なにこれ・・・。

正直こんなもので長時間対応するのもムダ。
実際50歳代の大人が小1時間怒鳴り倒してゲットできたのは10円のお菓子4個のみ。
その客も自分がいかに無駄なことをしたのかと気付いていると思います。

イベント担当者は他社の方でしたので言いませんでしたが、面倒くさい人には面倒くさい人の対応が裏ルールとしてあるというのを知っておいてほしいと思いました。

事が大きければ出るところに出るということもあるでしょうが、通常生活においてはルールは時にねじ曲げるのが正解なのだと考えています。




この記事のURL | 日記 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ