いちばん謙虚な年代は10代、次に20代・・・の順
2018/05/14(Mon)
昨日、わたしはいつも通り仕事をしていたのですが、母の日ということでショッピングセンター内の花売場で花ギフトの販売の応援をしていました。
母の日って花屋は超忙しいんですけど、贈る側の優しい気持ちがこっちにも伝わってくるんで意外と楽しかったりします。

中には学生さんっぽい若い男の子がひとりで来て花を買っていくんですね。アルバイトで貯めたお金でお母さんに花ギフトを買う・・・

うるうるもんです

わたしは今年、何もプレゼントを準備していなかったのですが、その男子学生の姿を見て、すぐに妻に電話をして「花を買って届けて」とお願いしました。

昼過ぎまではそんな感じで若い人に学びつつ仕事をしていたのですが
その後は一変。

別の仕事でいい年したおっさんが悪意により同僚を困らせようとしてのトラブル発生。
第三者の具体的な証言があるにもかかわらず、本人にヒアリングするととぼけた返答。
そしてヒアリング後に陰で悪口を言う上司・・・。

午前中とは正反対の大人の心の汚さを感じつつ、モヤモヤ感満載で一日を終えることになりました。

年をとるごとに外見と比例するように内面も劣化していく大人が多いと感じてはいますが、それを証明するような母の日となりました。
リタイアとは何にも関係ないのですが、自分への戒めも込めて記事にしました。



この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
欲しくないものにカネを出してしまいました
2017/12/04(Mon)
以前に会社の同僚からプレゼントで1000円分のクオカードをもらいました。
クオカードってコンビニくらいしか使い道がないので普段行かないコンビニに。

過去に2回使用したので残高は346円。当然現金を出さなくていいように346円ぴったりになるよう計算しながらお買物。
この日はピザポテトが無性に食べたくてまずピザポテトビッグ(307円)は決定。
残りは39円。
次にブラックサンダーチョコ33円を買って残りは6円。
次にお店でいちばん安いものは何かと売場を一周するとチロルチョコレートの21円が・・・。
ちょっと迷ったのですが急いでいたこともあってこの3点を購入。足りない分15円を現金で支払いました。

価値に見合った支出を心がけている自分にとってこの消費行動は正しかったのでしょうか?

3点を購入して合計金額が残高とイコールの346円であったのなら問題はありません。ここで問題となるのは追加で現金を支払ったことです。
クオカード残高をすべて使いきってしまいたいという思いが強く出てしまってチロルチョコ21円に対して15円の現金を支払ったことが正しいのかどうかということ。
自分にとってチロルが15円以上の価値があるのならその消費行動は問題なし。しかしわたしにとってチロルチョコは21円どころか15円の価値もありません。

わたしがその時とるべき行動は6円残してでもチロルチョコを買うのを止めるべきでした。
額面分をすべて使いきることではなく、びた一文カネを出さないことが正答だったと思います。
結果として欲しくもないものにカネを出してしまった事実が残りました。
急いでいたからといってこんな間違った判断をしてしまい反省しながらピザポテトを食べた一日になりました。



この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
10年前を振り返る
2017/06/26(Mon)
今日は仕事が休みだったので近くのショッピングセンターをぶらぶらとしていたら10年前に同じ営業所で仕事をしていた同僚とバッタリ遭遇しました。
当時、彼は独身でしたが、今日は奥さんと赤ちゃんも一緒で時の流れを感じました。奥さんも同じ営業所に勤めていた方でわたしもよく知っているので近況を少しだけ立ち話をしたのですが 10年一昔 と言うだけあって懐かしく感じました。

日々忙しいと過去のことなんて考えないかもしれませんが今日はそんな出来事があって自分の10年前を思い起こしていました。

まず、仕事については今現在よりのんびりとした職場にいてわたしのペースに合っていたので比較的イキイキとしていました。
その後の転勤まではあまり悩むこともなく過ごしていたと思います。特に出世をしたいとか考えていない人は、こういう可もなく不可もない という何もない期間というのはとても貴重です。

プライベートではその後、結婚したこともあり世間一般的にはリア充一歩手前といった感じだったのかもしれません。
30代半ばを過ぎて独身だと周囲から心配ばかりされて居心地が悪いのは事実。わたしは仕事柄、お正月やお盆は出勤なのですがホント良かったと思いましたから。
3組に1組は離婚する(実際はもっと少ない)と言われていますが、逆に言うと離婚する方が少数派なわけで結婚生活継続を選ぶ夫婦が多数派。これをどう見るかはそれぞれですけど、まぁそういうことかなと。

そして早期リタイアの方はと言うと、30代半ばの当時はリタイアに向け取り組み真っ最中。当時、金融資産は4千万円に届かない程度で住宅ローンもまだ残っていて わたしの目指す早期リタイア達成にはまだまだ先が長いという状況でした。

わたしはちょうど今日の給料日で資産額的にひとつの節目を通過したのですが、みんなそれぞれ目指す所に近づいているんだなぁ、としみじみ思いました。
わたしのように長い間、目標へ向かって取り組みをしている人もいると思いますが、たまには立ち止まって自分を褒めてあげてください。



この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
お行儀の良い人を相手にした方がいいに決まってる
2017/04/20(Thu)
今日は20日ということでウェルシアが入居するイオンショッピングセンターに出かけてきました。
核テナントをはじめ入居するテナントを見る限り ターゲットにしている客層はロウアーミドル、またはロウアーといったようなショッピングセンターです。
消費生活が底辺のわたしにとってこのショッピングセンターの利用価値は高いわけですがいろいろ思うこともあるわけで。。

ウェルシアで買い物を済ませた後、核テナントであるイオンに向かいました。イオンといってもディスカウント業態のあれ。
20日ということでこちらもお得にお買物ができるということで店内は大盛況。
わたしは必要なものだけを購入して帰路につこうとしたのですが、おっと忘れてた「お客様の声ボード」の視察w

今日、目に付いたのは
『レジが混雑している時に礼をするレジ従業員はむかつく』
という書き込み。

お辞儀がないことに対して苦情を書くのならまだわかりますが、きちんと応対している人に対して苦情を書く。
そして最後の「むかつく」という言葉遣い。
まさにロウアー相手の商売だなぁ とお店に対し気の毒な気持ちになりました。

消費生活だけならその人よりもわたしの方が底辺である可能性が高いのですが頭の中がロウアーというのはちょっと相手にしたくない。

わたしもイオンと同じような仕事をしているのですが、どの客層を相手にするのかというのはそこで働く人にとっては最重要事項といってもいい。できることならアッパーミドルを相手にしたいところですが、ミドルでも周囲がリア充だらけのファミリー層ならまったく問題なし。しかしロウアーミドル以下だと大変。低価格という恩恵を受けているにもかかわらずしょうもない苦情を言ってきます。
会社の経費構造など頭の片隅にもない人たちのしょうもない論理に日々付き合わされることになります。

御承知のように日本はアメリカなどと違って階層別に住む場所がはっきり分かれているわけではありません。ほんの一部の地域を除いてアッパーもいればロウアーもいるといった地域がほとんど。玉石混交というやつです。
ということは商業施設もピンからキリまで同じ地域に同居します。そして高級スーパーにはその土地のアッパー住民が、逆にディスカウントストアにはその土地のロウアーが集まるというのが自然の摂理。

わたしもいろんな客層のお店を経験しましたがやっぱり上に近いほどお行儀が良いのは間違いありません。
ロウアーの分布によってはお買物だけではなく地域の治安にも影響を及ぼすことなので住む場所選びには周辺の環境を考慮することも必要でしょう。

わたしのように仕事が嫌いな人もせめてそれなりに気持ち良く仕事をしたいと思うのが自然な思考です。特に若い人たちは間違ってもそのような客層を相手にする会社や部署を希望しないようにしてください。
問題は自分が気持ちよく仕事ができるかどうか。これ、結構大事ですよ。



この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
旅の記録(金銭面)
2016/11/01(Tue)
先日の東京ぶらり旅にかかった費用をメモ代わりに記事にしておきます。
今回の1泊2日東京旅の費用総額は24500円ほどでした。

内訳として大きなところでは
・行きの交通費・・・夜行バス5440円
・宿泊費・・・マンキツ1860円
・帰りの交通費・・・ぷらっとこだま8100円

これを合計すると15400円

これに現地での交通費、飲食代とお土産代で9000円ほど。
まあ大の大人が2日間楽しめてこの金額なら問題はないでしょう。

次回の備忘録として今回の旅で利用した交通・宿泊手段の評価をしておきたいと思います。

【評価】
・夜行バス(5440円)・・・×に近い△
理由:バスは3列シート・トイレ付き、しかも乗客は少なめ、いびきをかく人もいなかったと良い条件は揃ったのですが
シートをフラットにできるわけではありません。だから首が痛い!所要時間は6時間程度でしたがやっぱり到着した時はかなりの疲れが・・・。
年齢のせいもあるかもしれませんが夜行バスの限界を感じました。

・マンキツ(1860円)・・・
理由:東京滞在時によく利用するマンキツなのですが今回は若干広めのマット席で身長175cmのわたしが斜めに
なって寝れば足も完全に伸ばせて問題はありませんでした。いびきをかく客も許容範囲内(席の移動は3回までOK)で朝までゆっくり過ごすことができました。
ちなみにシャワー室有り、簡易の金庫有りで安心!
昨今の宿不足でホテル利用は結構高くつきます。この価格差ならマンキツに軍配が上がります。

・ぷらっとこだま(8100円)・・・
理由:東京→名古屋間をのぞみを利用したら1時間40分。こだまなら2時間50分です。
1時間少々余分に時間がかかるだけのことで料金はのぞみに比べ2700円お得になります。
これは使える!
事実こだまの自由席はガラガラだったのに指定席(ぷらっとこだまは指定席)はほぼ席が埋まっていて
東京から名古屋まで乗客の乗り降りもあまりなくこのプランを利用している人が大勢いることに気付きました。
まあ正直、寝て起きたら着いてる感覚です。  ※このプランは新大阪~東京までしかありません。

以上の通り、夜行バスだけが低評価となりましたが わたしの基準では東京1泊2日なら15000円以内というのがあるのでこれは仕方がないかなと。
今回のオフ会で招き猫の右手さんから昼行バス使用をおすすめされましたので時間に余裕があればそっちの方を利用したいと思います。



この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ