FC2ブログ
どん底について考える
2020/08/20(Thu)
コロナの影響で給料が減ったりして、それまでの生活レベルが維持できなくなると、「今が人生どん底」と感じる人がいるようです。主観的なことなので、本人がそう感じればそうなのかもしれませんが、多くの場合、それってホントにどん底か?と思うことがあります。

わたしは今まで49年間 生きてきて、どん底と思ったことは一度もありませんが、では具体的にどんなレベルにあれば、どん底なのでしょうか?
あえて基準を示すなら、5大欲求の一番下の生理的欲求を満たせない状況でしょうか。
つまり、食うものも食えない状況。

この時期なので例に出させてもらいますが、太平洋戦争中、特に南の島の最前線で戦っていた日本の兵士たちは敵からの攻撃で生命の危機にさらされていたうえに、食べるものもない極限状態だったといいます。
このような人たちのおかげで、今のわたし達の豊かな暮らしがあるわけなのでホントに感謝しなくてはいけないと思います。

それに比べ今は生活保護まで落ちようが、犯罪者になって収監されようが、食べるものは手に入りますよね。こんないい時代に軽々しくどん底なんて言わないでほしいものです。

貧困状態にあることを表現する時に「パンをかじって生きる」とか言うけど、あの表現にも違和感があります。
わたしの意見としては、身の安全が確保された場所でパンを食べられるなんて、そんなものはどん底でもなんでもない。
ましてや今の人のどん底状態とは「食べるものもない」と言っておきながら、子供の塾代は削れないとかスマホは手放せないとかそういったレベル。

「歴史に学べ」とはよく言いますが、学んで自分に当てはめて具体的にどう生かすかが大事。
わたしは歴史に学び、ハングリー精神を養えたことで早期リタイアが達成できたと思っています(冗談ではなく)。
わたしに限らず、リタイア達成者がそれ以外の人と何が違うのかと問われれば「ハングリー精神があるかどうか」と言えるのではないでしょうか。



この記事のURL | 雑感 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
普段のお買い物で気を付けていること
2020/06/20(Sat)
リタイアしてからというもの、毎日の食品のお買い物はわたしの役割となっています。
わたしの家から徒歩5分以内に2軒のスーパーがあり、そのうちの一軒がディスカウント業態のスーパー。そしてもう一軒が普通のスーパーです。

利用比率としてはディスカウントスーパーが8割、普通のスーパーが2割といったところでしょうか。
以前はあまり価格を気にしない妻がお買い物に行っていたので、利用比率が今の逆となっていましたが、今は最適化されたと思っています。

以前のうちの妻もそうだったのですが、ディスカウントスーパーをなぜか毛嫌いする人っていませんか?
どうしてなんでしょうか?

「普通のスーパーはディスカウントスーパーに比べて生鮮食品の品質が良いから価格も高い」と言う人もいますが、それは本質的に違うと思います。
価格の差というのは、それぞれの企業戦略に基づいた荒利益率と経費率のバランスの取り方、つまり構造の違いから導き出されるものです。
品質と価格を天秤にかけるということでは、全く同一品であるグロサリー商品の価格差の説明がつかないので、それは間違いといわざるを得ません。

ちなみに食品スーパーの荒利益率(スーパーの取り分)は普通のスーパーで25%くらい。対して経費率がちょっと下の22%くらいです。
この差が利益となっています。
ディスカウントストアは荒利益率が18%くらいで経費率が16%くらい。

質素な店の作りで、従業員の制服もなければ、接客技術向上の教育もほとんどせず、経費を落とし、さらに商品の価格を抑え荒利益率を抑えることであの価格を実現しています。
まさに企業努力のたまもので、わたしはいつも有り難く利用させて頂いています。

また、ディスカウントストアは経費を抑えるためチラシ広告の折り込みも少なめにして、一律にディスカウントをしているので、タイミングを気にすることもなく安心してお買い物ができます。
基本、毎月○日は全品5%引きというような日に買えばそれでOKという具合。それ以外のことはあまり考える必要はありません。

あえてわたしが買い物で気を付けていることといえば、特定の商品が期間限定で円引きされていたり、ポイントが付与される商品の発掘、積極購入くらいでしょうか?
安くなっているモノを積極的に買うのは当たり前なのですが、中にはスーパーとメーカーの両者がタイアップをすることで実現した安売り品があります。

あれは安売りの原資を販売奨励金という形でメーカー側が持つという手法です。あれは恐らくメーカーの複数の部署からのお金がでることによって実現していると思われます。営業と販促とかね。
こんな感じで複数の当事者が力を入れて販売することになるので、とんでもない価格が出ることがあるのです。

ご存じの通り、イオン系ではさらにイオンカード、WAONカード決済と縛りをかけることで底値とも言える価格を打ち出しています。今だとアイスクリームがいい価格が出ることがありますのでお気を付けください。

ではまた。



この記事のURL | 雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
困窮している大学生への支援について
2020/05/10(Sun)
暇なのでネットのコラムについて思ったことを少し。

コロナの影響でアルバイトが激減したことにより、学費の支払いなど生活に困窮した大学生への支援についてのコラムがありました。
ネットの読者に以下の選択肢から投票させるものです。

①一律支援(33.8%)
②低所得者へ支援(12.2%)
③中間層も含めて支援(18.0%)
④支援の必要なし(32.0%)
⑤その他(3.8%)

これはどうなのでしょうか?
括弧内は5月10日 15:00現在の得票率の割合です。①と④が競り合っている感じですね。

わたしの意見はというと ①一律支援 です。
大学生というと18歳~20代前半という年齢層なので成人した者もいれば未成年の者もいます。20歳成人という線引きで考えると大学生は大人もいれば子供もいるという微妙なお年頃になります。

ただここで大事なのは大人か子供かということではなく、経済的に自立できているかということ。
大学生は見た目は立派な大人なのですが、実際はまだ社会人になる前の立場ですので自立前、つまりスタート地点に立っていない人たちだといえます。
いい大人ですら今月の家賃の支払いができないとか、手持ち現金が300円しかないとか言っているのに自立前の人に厳しくしてはいけないという考えから ①一律支援 になります。

他の選択肢についてはどうか?

学費や生活費を親から援助を受けているかどうかという問題もありますが、それを言い出すと、ちょっと前の30万円給付金と同じで審査に時間がかかので無理。よって②と③は現実的に不可能。

④を支持の人はどういう考えから 支援の必要なし としたのか真意がわかりませんが・・・
高卒で就職して頑張っている人もいるのに「不公平」だから?それとも「自己責任」?

不公平論について。
公平ではあるとは言いませんが、公平不公平を言い出したら文句を言うだけで人生が終わってしまいそうなのでやめたほうがいいです。

自己責任論について。
『自分のケツは自分で拭え』が信条のわたしではありますが、それは社会人としてスタートをした後のことと考えてあげたいです。
いい大人ですら「カネくれ!」の大合唱なのに大人になっていない人に支援の必要なしはかわいそうかなと思った次第です。
(こう見えても若者には結構やさしいんですw)



この記事のURL | 雑感 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
リタイアして半年経っての感想
2020/04/12(Sun)
昨年10月に早期リタイアして間もなく半年になります(正式には12月退職)。
長期計画をもって臨んだ早期リタイアを実際に手にしたわけですが、半年経った今どんな気持ちでいるかなんですけど・・・

毎日毎日楽しいことばっかりか?
というとそうではありません。
暇すぎるかなと思うこともなくはないです。
かといって「仕事に戻りたいか?」と聞かれたら答えはもちろんNO!
そんなわけがありません。

楽しく感じるを『5』、苦痛を感じるを『1』として数字で評価するなら、リタイア生活は悪い日でも3はキープしています。ほぼ4か5かな。かつての労働者の生活のように1とか2はありません。平凡な一日であったとしても労働者の生活よりはよっぽどマシです。

ほぼ4か5。なぜそう思えるか?
それは労働者時代に自分がしたいと思っていた優先順位下位のことを実行できるということが大きいと思います。

労働者時代は週2日の休日しかないわけなので、優先順位の高い自分がどうしても譲れないことしかできなかったわけです。
ホントはやりたいんだけど、時間の余裕がなく、やりきれずにずっと後回しにしてきたこと。わたしにとって具体的にはやりたいことの優先順位が3位以下に位置していた登山や読書がそれに当たります。
このへんが今は余裕でできちゃいます。

この「好きなことを実行できる範囲が広がった」というのが4か5の評価に値する理由です。

自分がしたいことの優先順位って、なかなか変わらないと思うんですよね。1位のものはずっと1位な感じ。だから優先順位の低いものは定年などで時間をたっぷり手にすることができるまでずっと後回しのまま。
この3位以下の趣味もやってみると実はすごく楽しかったり自分を成長させてくれたりします。下手したら上位の趣味と逆転するくらい。
こういった人生を充実させる趣味をやらずじまいにさせてしまう。これこそが時間貧乏の悪の元凶です。

何事も好きなことをするには、時間とお金が必要ですが、わたしはどちらがより必要かというとカネの量よりも時間量の方だと思います。特にわたしのようにリタイアすることで実現した読書や登山なんてのはカネはあまりかかりませんから。

リタイアラーさんの多くはお気づきですが、特にアラフィフにもなったら時間を売ってカネに変えてるのではなく、カネで時間を買った方がいい。世の多くの人はやってることが逆なんですよね、まあいいけど。

あともうひとつ。
ずっと考えてきたことなんですけど、リタイア生活破綻リスクについて書きます。コロナ問題が話題というのもありますので。

今まで早期リタイアの目標達成までの道のりについては、まさに予定通りに歩んで来られたと感じています。資金面、健康面、その他を含めて怖いくらい予定通りです。
人生こんなにうまくいくわけがないよな、と思っていたら今回のコロナ騒動が勃発。人生初めてといってもいいくらいの事態となり日々の生活にも影響があります。
今までは、戦争かハイパーインフレくらいが来るとやばいかなと考えていましたが、疫病というのは想定外でちょっとナメてましたね。

ただ、この想定外はリタイア生活をひっくり返すくらいの大きな落とし穴なのかというと、自分が感染しない限りそうでもないかと考えています。家でおとなしくして問題が解決するのを待つことで乗り切ればいいかと考えています。

今後、このコロナ問題がどう進展していくかはわかりませんが、少なくともこの2カ月くらいはせっかく勝ち取った自由を制限されて迷惑をかけられています。貴重な時間をいつまでも潰すわけにはいきませんので、ちゃっちゃと終息することを望みます。



この記事のURL | 雑感 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
運任せもほどほどに
2020/03/20(Fri)
毎日毎日、コロナの話題一色ですね。
世間でこんな騒動があるとそれにより得をする人、損をする人に分かれるのですが、このコロナ騒動については、ほとんどの人が損をしているグループに入るのではないでしょうか?

行動が制限され楽しめない、仕事での締めつけがが強くなった、投資でカネが減った・・・など大体が損してますよね。

わたしの場合は旅行がふたつ中止になって、東京オリンピックもどうなるかといった具合で楽しみの予定がぶっ潰されて確実に損をしているグループに入ります。

仕事は無職なので影響なし。

投資についてはどうか?
もちろんわたしも損をしてはいますが正直その額は大したことはありません。
過去にブログでも書いたことがありますが、運用利回りを年率1%と想定しているのでイケイケのポートフォリオにしているわけがないからです。
投資については今までもあまり語ってはきませんでしたが、それはなぜかというと投資は所詮運任せ、他力本願でしかないと考えているからです。何十万円の投資家であろうが何十億円の投資家であろうが、投資指標を完全に理解していようがなかろうが、投資手法がどうであろうが運が悪ければまとめて吹き飛ばされるだけです。

自分にとって一番大事なのはお金を増やすことではなく、楽しい早期リタイア生活を維持すること。
それができる程度の金融資産は保有しているので、その楽しい早期リタイア生活ができなくなるリスクを負ってまで積極的に投資をする気はありません。

わたしも投資によって勝つ確率は負ける確率よりもやや大きいと考えているので実際に投資はしてはいますが、どんなに相場が荒れても問題のないレベルにしてあります。
仮に今保有しているリスク資産がすべてゼロになったとしても完全リタイアには影響しません。むしろそうなってとんでもないデフレが到来したら家計を助けて長期的にはプラスマイナスとんとんで落ち着くでしょう。

コロナ騒動が終わって、日本株も世界株も今年1月の水準に戻ることを前提に考えているような投稿をみかけますが戻るかどうかなんてわかりません。日経平均が1万円を割って、その後低迷がまた20年、30年続く可能性だって当然あるわけです(外国株もしかり)。
資本主義は必ず成長するから長期積立で持てば勝てるのでしょうか?
詰まるところ、それも運次第でしょう。投資手法にこだわる人もいますが、それはどこかの宗教信者のように何かすがるものがないとやってられないからということかもしれません。

この記事で言いたいことは「どうしてもこれを叶える」という目標がある人は運任せではなく自力でいった方がいいということです。
とりあえずはこのショックで目標から脱落する方が出ないことを願います。



この記事のURL | 雑感 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ