お葬式に出席した時によく思うこと
2013/12/07(Sat)
仕事関係で職場の社員(本人・家族)のお葬式に出席する

ことがよくあります。

生前お世話になった人、また社員の家族などで面識が

なかった人などさまざまですが

祭壇に掲げられた写真を見るたびに思うこと、それは・・・

この人は幸せな人生を送ったのだろうか?

ということ。人間の死を目の前にして、これはいつも考えさ
せられます。

幸せかどうかは自分自身が決めること。本人が幸せと思っていれば

まわりにとやかく言われることではない。他人に「あなたは不幸だ」なんて決められることではないですから。

反対に大会社の重役さんのようにまわりから見れば「勝ち組」ような

人でも本人が仕事に悩んで死にたいとか思っていればそれは不幸。決めるのはあくまで本人です。

やっぱり自分が幸福と思える人生を送りたいです。人生一度きりだから。

そのため目標である早期リタイア、のんびり生活を実現します。
この記事のURL | 雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
休日のささやかな楽しみ
2013/12/04(Wed)
今日はお休み♪
週に2回あるお休みのうち1回は行きつけの喫茶店に行きます
今日も午前中にいってました。

そこは昔ながらの喫茶店で店内は昔の洋楽が流れているとっても落ち着くお店。
お客さんも昔ながらの固定客がほとんどで、行くといつもお馴染みの顔ぶれが
揃います。お客さんの平均年齢は60歳くらい。

僕はそのお店では週刊誌をいくつか読んで過ごすんだけど、
喫茶店のママさんとお客さんが好きなことを
話しているお店なのでたまに気になることを聞けたりします。

少し前にこんなことをママさんとお客さんが話してました・・

ママさん 「昨日は台風で雨風がすごかったねぇ」
お客さん 「そうやったな。あんな中、出勤しなくてよくなったのはいいわ。
テレビで各地の気象状況を見てればいいんやから・・」
ってな会話。

そのお客さんは60歳を過ぎたばかりの人のようで定年後のいま、毎日のように
この喫茶店に来ているようです。
自由を手に入れて日々、自分の思うように過ごすことができる生活・・・
なんて幸せなんだろうって、聞き耳を立てながら思った。

僕は早期リタイア希望組なので、60歳を待つことなくリタイアするけど、
実際リタイアしたばかりの人が言う言葉には興味がわいてしまう。
年齢はともかくリタイアを達成した人なのだから。

人生の先輩方の価値観、考え方を学べる場でもあるので来週も行こう、
あの喫茶店
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
年をとることが好きか嫌いか
2013/12/02(Mon)
今月は自分の誕生日です。
40代にもなると誕生日がきてほしくないと思う人が多いのではないでしょうか?
自分の場合は・・年をとるのは歓迎です。なぜなら早期リタイアできる年齢に一歩近づくからです。

前に書きましたが
遅くとも50歳での早期リタイアを目指しています。正確には49歳6カ月の時に最終出社日になります(会社の規定により)。
どうしてこんな細かいことを書くのか?それは1カ月でも早くリタイアしたいからです。6カ月の違いは自分にとって大きな違いなんです!

このように少しでも早くリタイアできる要素が他にもないものかと日々考えています。ただこれ以上のめりこんでしまうと、リタイア予定年齢まで持たなくなる気がするので適度に考えることにしたいと思う。
この記事のURL | 早期リタイア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |