いま一番欲しいものは?
2015/06/06(Sat)
この間、ある飲食店に行ったらテーブルの上にスタッフの自己紹介ファイルが置いてありました。
その自己紹介の項目のひとつに「いま一番欲しいものは?」という問いがありました。
それに対して何人かのスタッフの欲しいものが書いてあったのですが、ちょっと興味があるネタだったのでどんなものがあるかメモをしてきました。

その結果はというと

1位・・・カネ、愛、時間(各3票)
4位・・・ソファ(2票)
5位・・・車、ペット、お米(各1票)
でした。
ちなみにスタッフは全員20歳代だと思われます(写真付きだったので)

どうでしょう、この結果。
ひとつずつ見て行くと
4位と5位については物欲からくるもので、どうってことはない結果。
ただお米は笑った。食べ物の代表的なものであり、これがなければ生きていけないってくらいのものなので、これは物欲の頂点に立つものかもしれません。マズローの欲求5段階説の土台となる生理的欲求からくるもので、その他のものとは比べ物にならないくらい欲しいものであるのは当然のことと理解しました。

次に1位の3つについて。
まずは「カネ」。
はい、正直なご意見ありがとうございます、という感じでしょうか。
人生の目的である「幸福の追求」のためにどうしても必要となるものと思われるので、やはりこれは年代にかかわらず上位にきちゃいますね。何にでも化けることができる不動の4番打者といったところか?

次に「愛」。
これは運命の人から愛されたいということでしょうか。であれば20代らしい答えと思います。
年代が上がれば上がるほど下位もしくは圏外にいってしまうかなw
ただ愛というのは対象が異性とは限らず、親から子への愛というのもあると思います。ただこうなってくるとわたしの守備範囲を超えています。ということで 「よくわかりません」が結論。

そして最後に「時間」について。
一般的に言うと、20代なら「時間」はいっぱいあるのでは?となります。平均余命にして50年~60年あるわけですから。
しかし、これは正確に言うと「自由な時間」が欲しいということなのでしょう。
この「自由な時間」ということになると20代だからと言って豊富にあるとは限りません。豊富にあるのかもしれませんが、その反対の不自由な時間も豊富にあるため幸福度は高まらないと思います。なぜなら20代は楽しい学生時代も終わり一般的には自由な時間を手に入れる定年までは一番遠い立ち位置にいるからです。
普通の人はそのことを真剣に考えないので、ある意味幸せなのですが、それを考えてしまうとさぁ大変。
わたしのように遠く険しい道のりが始まります。
欲しいもの=「自由な時間」には完全に同意しますが、あのスタッフさんたちがこのブログを目にしないことを祈ります。

この記事のURL | 雑感 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
焼肉を食べに行きました
2015/06/04(Thu)
今夜、年に限定3回の焼肉を食べに行ってきました。
今回は食べ放題のコースでひとり3千円ちょっと。1000円割引券を使ったので2人で5000円ちょっとの出費となりました。
お会計の際に割引券を使うのはもちろんのこと、いつも気をつけているのは飲み放題をはじめ飲み物を頼まないこと。
車で行ったのでお酒類は飲めないのですが、だからと言ってソフトドリンクが必要かといえば全然そんなことはありません。純粋に焼肉を食べたいのであって飲み物は水で十分です。今日行ったお店ではソフトドリンクを注文しなければちゃんとお冷やをだしてくれます。しかも多めに飲みたかったのでピッチャーで出していただきました。まぁ、言ってみればお冷やの飲み放題です。
外食すると出費は大きくなりますが最小限に抑える努力だけはしています。

059_2015060421111290c.jpg
この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
苦手なことから逃げない
2015/06/01(Mon)
今年も5カ月が終わりました。
わたしは年初に節約の取り組みとして
①勤務日は昼食を持参すること 
②外食の頻度を少なくすること の目標をたてました。
これを検証したいと思います。

①についてはしっかり取り組めています。勤務日は毎日昼食を持参しており月間7000円程度の支出減に成功しました。

②については取り組みがまったく不十分。
昨年と同額の支出をしていると思われます。これはわたしが外食が好きなわけではなく妻が好きなので不本意ながらお付き合いしているのです。このままいくとまったく改善できないまま一年を終えてしまうことになりそうです。
支出減ができないことを自分ではなく妻のせいにする・・・リタイアブログを書く者としてこれではいけません。

じゃあどうするか?
改善するため発生原因究明と今後の対策について立案します。

これは毎日食事の準備をしている妻が「たまには食事の準備をしたくない」という思いに起因しています。
たしかに毎日3食の準備。しかもこれからもずっと続くとなると息抜きしたいというのもわからないでもありません。

ここで対策立案。
食事の準備をしたくない→外食 の構図を 
食事の準備をしたくない→わたしが食事の準備をする
に変えます。

なーんだ簡単じゃん、と思うかもしれませんが、わたしは料理がほとんどできません。以前3年ほどひとり暮らしをしていたにもかかわらずレパートリーがほとんどないのです。
しかしそんな甘えたことを言ってちゃいけません。
ゆくゆくリタイアしたら3食のうち1食はわたしが準備をしないといけないと考えていますから、始めるには今がチャンスというふうに捉えたいと思います。

リタイアブログで交流させて頂いている方で料理がしっかりできる方がみえますが、男としてすごくカッコいいと思います。
四十の手習いとなりますが、こういった苦手科目にも取り組み年初の目標を達成したいと思います。

この記事のURL | 目標 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |