早期リタイア失敗の恐怖は現実にはならない
2017/07/29(Sat)
早期リタイアを目指す人が「どうして早期リタイアを目指すか」と質問されたら「イヤなことはせず限られた時間を楽しく生きたいから」というような答えが返ってくると思います。

わたしもそうです。

では「早期リタイアすることで何か恐れていることはあるか?」と聞かれたらどうでしょうか?
それは「質素な生活さえできないほど経済的に困窮すること、つまり野垂れ死にすること」 ではないかと思います。

しかし早期リタイア実現に計画的に取り組んでいるきちんとした人たちがそんなことがありえるのでしょうか?
何も考えず生きている人がたくさんいるにもかかわらず、食べるものがなくなって餓死したなんて聞いたことがありません。弱者に優しいセーフティネットもありますしね。

しかし仮にそういう状況に追い込まれたらどうするか?

人間は基礎的欲求である生理的欲求、そのなかでも食べるものがなければスーパーやコンビニで万引きでも何でもするでしょう。
それ犯罪でしょって?
今日食べなければ死んでしまうというほど追い込まれた状況の人が「これは犯罪だから止めておこう」なんて判断になるのでしょうか?
いや、ならないでしょう。
たぶんわたしはならない。そこまで追い込まれたことはないから「たぶん」としか言えないけど。

仮に万引きをして逮捕され刑務所送りになったとしても衣住食のすべてが確保されます。健康体であれば塀の中で仕事もできるし勤務時間は8時~17時という実働8時間の毎日がノー残業デー。
運動不足になったり酒浸りになったりすることもなく考え方によっては超健康的な生活を送れます。

デメリットは世間体が悪すぎることと自由がなくなることだと思いますが餓死することに比べたら苦痛度合いはずっと下。
マズローの欲求5段階説によると、餓死しそうになることは第一段階の生理的欲求を満たせない状態。犯罪を犯して刑務所に送られるというのは第二段階の安全欲求までは満たしていて その次の社会的欲求が満たせていない状態です。
どちらが崖っぷちか?

人は極度にのどが渇くと汚い油が浮いた水でさえも飲むのです。
それが答え。

ということで早期リタイアを目指す人が心に抱く恐怖は現実とはならないという結論になりました。



この記事のURL | 早期リタイア | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |