fc2ブログ
老後資金をどう作るか
2023/09/21(Thu)
50歳くらいで「将来の老後資金をどうすればいいか」というネット相談を見かけます。
資金を作るためには収入と支出の両方の管理が必要ですが、今日は収入について考えてみます。

老後資金を作る方法としては…

①公的年金を増やすために今しっかり働く
②定年退職後にバイトをする
③資産運用をする

このあたりが上げられると思いますがどれがいいのでしょうか?
ひとつずつ見ていきます。

まず①について。
年金を増やすために今しっかりと働くという正統派ともいえそうな考え方です。
これは、しっかり働くのだから当然しっかりと年金も増える、という努力は報われるという信仰心のもと生まれるものだと思います。それは果たして本当なのでしょうか?

わたしを例に考えてみます。わたしは49歳になる直前で退職していて、去年の年金定期便によると年金予定額は168万ほどとなっています。
もし仮にわたしが60歳まで以前にいた仕事を続けていたとしたら年金額はいくらになっていたでしょうか?
だいたい計算してみると168万プラス30万円程度です。
現役時代の気苦労半端ない大変な時期をあと11年頑張って30万プラスですよ。

コスパ悪すぎ。

こんな感じなので将来の年金を増やすために今しっかりと働くという考え方は持たない方がいい。今働く理由は今現在の生活をするためと割り切った方がいいでしょう。現役時代に年収1000万円とか高収入だった人がお金を貯めることなく老後に突入して絶望するというのはそのへんが原因ではないかと想像できます。
そうです。働いても年金はあまり増えません!


②はどうでしょうか?
人生の終盤に働かなければならないのは、夏休みの終わりに宿題をたくさん残してしまう小学生みたいでちょっと…と思いますよね。
しかし!!軽くバイトでもしたら年に80万円くらいなら無理なく稼げるのではないでしょうか?

①の年金30万円を増やすためにヘトヘトになることを考えたら鼻歌を歌いながら年80万円稼げるのは全然ありだと思います。このバイトを5年程度やれれば①の生涯増加するであろう年金分とイコールくらいになりそう。
もちろん、これは高齢に差し掛かって健康状態がカギとなりますので、それをクリアできそうなら意外といいかもしれません。


そして③。
これはリタイア民が大好きな自分自身が働かない方法論となります。
これはうまく機能すると入ってくるお金の量が①や②の比ではありません。家で寝転がっていてもゼロがひとつ多いということにもなりますね。
問題はその確実性にあって、お金が増えない、または減っていくことに対して不安を感じ続けることになります。この資産運用については人によって評価が分かれるところだと思うのですが、わたしとしては自分を有利にしてくれるものだと思っているので実践しています。ちゃっちゃと稼いでしまえば一番楽ですしね。

これは自分自身が労働をしないという意味で他力本願のようにも見えますが、運用をするために勉強したのと種銭を準備したのは紛れもなく自分であって他者に頼っているわけではありません。わたしの知り合いで、それを他力とディスる人がいましたが、他力で楽しく生きられるのであれば自力で頑張る必要もないとは思います。

こんな感じで老後資金の作り方として考えてみましたが、どれも一長一短あります。
リタイア民のわたしとしては当然ながら
③を採用します(というか実践中)。次に②がきて、大きく離されて①といった具合かなと。

③>>>>②>>>>>>>>>>>①

自分は③を実践していてうまくいっていますが、今後ヤバそうなら②をする作戦でいきます。②をするための条件となる健康を維持するために今は十分家で寝転がって英気を養っておきたいと思います。



この記事のURL | お金について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |