中途半端な金額を目指しています
2015/01/29(Thu)
リタイブロガーさんに限ったことではないと思いますが 
「やりたいと思うことを実現するためにはいくら必要?」と必要金額を尋ねられると1000万円とか1億円とかキリのいい金額を言う人が多いと思います。
これは実際にこまかい計算をしたうえで1000万円や1億円という金額が算出されたわけではなく、桁がひとつ大きくなって達成感が出るといった感覚的な数字に過ぎないのではないでしょうか?
目標に向かって具体的にシミュレーションしている人は目標金額がキリのいい数字になるとは限りません。むしろ中途半端な数字になることの方が多いと思います。
リタイアブログを見ていてもしっかりとした将来像がある人ほどキリのよくない金額を目標にしていると感じます。
わたしも早期リタイアを目指していますが1億という数字に特に意味はないと思います。1億という数字は9000万より1000万多く、1億1000万より1000万少ないという無機質な数字であり、どこまでものびる直線上の一地点でしかありません。

自分にとっての必要金額を確保して寿命に向け無駄なく着地したいと考えています。


この記事のURL | 目標 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<時給6000円のアルバイト終了! | メイン | お金の使い方を間違えない>>
コメント
-  -
私も家計簿をつけているので、夫婦の年間の生活コストを把握していますし、それに自分の年齢からの平均余命をかければ単純ですがおおよそのリタイア資金は計算できますよね。
なのでやはり1億という数字は必要ないと思っています、もちろん多ければ多いほどいいのですが。。。
2015/01/31 01:22  | URL | 招き猫の右手 #-[ 編集]
- Re: タイトルなし -
招き猫の右手さん

> 私も家計簿をつけているので、夫婦の年間の生活コストを把握していますし、それに自分の年齢からの平均余命をかければ単純ですがおおよそのリタイア資金は計算できますよね。
> なのでやはり1億という数字は必要ないと思っています、もちろん多ければ多いほどいいのですが。。。

お金はたくさんあって困るというようなものではないのでズルズルいってしまいがちかな?
お金を貯めることが目的化しないようにどこかで線を引くことが必要でしょう。
2015/02/01 13:14  | URL | かぴばらM #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://891116.blog.fc2.com/tb.php/113-21115cc9

| メイン |