お葬式に出席した時によく思うこと
2013/12/07(Sat)
仕事関係で職場の社員(本人・家族)のお葬式に出席する

ことがよくあります。

生前お世話になった人、また社員の家族などで面識が

なかった人などさまざまですが

祭壇に掲げられた写真を見るたびに思うこと、それは・・・

この人は幸せな人生を送ったのだろうか?

ということ。人間の死を目の前にして、これはいつも考えさ
せられます。

幸せかどうかは自分自身が決めること。本人が幸せと思っていれば

まわりにとやかく言われることではない。他人に「あなたは不幸だ」なんて決められることではないですから。

反対に大会社の重役さんのようにまわりから見れば「勝ち組」ような

人でも本人が仕事に悩んで死にたいとか思っていればそれは不幸。決めるのはあくまで本人です。

やっぱり自分が幸福と思える人生を送りたいです。人生一度きりだから。

そのため目標である早期リタイア、のんびり生活を実現します。
この記事のURL | 雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<目標を持つこと | メイン | 休日のささやかな楽しみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://891116.blog.fc2.com/tb.php/13-f9a48db3

| メイン |