FC2ブログ
消去法で正解を出す
2018/01/15(Mon)
わたしは今年4回目の年男です。次の年男になる時はなんと「還暦」ということでいろいろと考えることもあるわけで。。

わたしはずいぶん昔から早期リタイアの希望を持っていますが、その早期リタイアというライフスタイルが自分にとって正しいことであることを証明するために、それとは真逆の自分が望まない仮説を立てそれが正しくないことを証明することで自分の考えが正しいことの裏付けをとることがあります。
つまり消去法により自分がなりたくない将来像を消していくことで最適解を追求していくという考え方です、ハイ。

例えばこんな感じ。
具体的に自分が絶対なりたくない将来像とは「定年(60歳)まで働き続ける」ことです。

60歳まで働き続けたことを想像するとどうか。
仕事で身も心もくたくたになって健康状態は悪化。気力、体力が衰えるうえに趣味に対しても意欲は薄れているでしょう。
これは間違いありません。いまでもそれに近づいていることを実感できるレベルですから。
自分が楽しいと思える趣味を楽しいと思えないなら何を楽しみに生きているのでしょうかね。

経済的にはどうか?
このまま生活するとざっと計算して60歳時点での純金融資産は1億5千万円くらい。
その後、20年生きるとすると使えるカネは単純に年間750万円。年金がゼロと仮定してこの数字です。
750万円ってひと月に60万円以上毎月使いきる計算になります。消費初心者のわたしにとってこれは拷問w
なんで身も心もクタクタになって、その後拷問みたいな生活をしなければいけないのでしょうか?

そんな将来は絶対ムリ。
こんな感じでこの仮説は却下、不採用となります。

人によっては子供の成長や結婚が楽しみだとかそういう人もいるので10年、20年先を目標にという人もいるでしょうけど、わたしにはそんな楽しみはないので自分以外の人に楽しみを見つけるのではなくて自分自身の楽しみに集中します。
こんな感じで自分の正解を裏付けていくのも方法論としてはありだと思います。




この記事のURL | 常識・非常識 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<リタイア志望者は怠け者か? | メイン | 2017年の収支>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://891116.blog.fc2.com/tb.php/317-a8dc4aaf

| メイン |