FC2ブログ
年金の見通し
2018/12/21(Fri)
年金定期便が届きましたので、今日は年金のお話しです。
我が家の現時点での年金受給額は、夫婦合わせてちょうど200万円といったところ。
わたしの会社員生活はこの先長くはありませんが、その後も国民年金保険料は払うつもりでいますので、今のまま制度に変更がなければ、60歳払い込み終了で 65歳~の年金額は250万円になる予定です。
ホントに250万円もらえるのであれば65歳までにほぼ金融資産を使ってしまっても大丈夫ってことか?
それでいいのであれば生活に余裕が持てます。
しかし、それはいまのまま行けばってこと。。


ちなみに今のお年寄りはどうでしょう?
うちの親が70代なのでそれを例にとります。
以前にヒアリングした時、うちの親はたしか夫婦合わせて350万円と言ってたような記憶があります。
70代夫婦が毎年350万円もらえれば安泰も安泰でしょう。
しかも60歳からその金額をもらっています。

よく物価が騰がる時に街かどでインタビューすると、「年金生活だから生活が厳しい」と言うお年寄りをよく目にします。
しかし実態はどうか?
いまの70代以上であれば60歳から問題なく普通(以上)の生活を送れる年金をもらっています。
今のお年寄りはその昔、右肩上がりの経済の時に現役だった人たちで、40~50歳というカネまわりの良い時にバブル景気の恩恵を受けた人たちです。その人たちからすると350万円の年金というのは“厳しい生活”なのです。
これは嘘をついているといることではなく、そういう感覚なのです。

おーっと、またお年寄り批判になってしまった。
自分の年金の話に戻します。

65歳~、250万円年金予定・・・しかし、実際はそんなわけがなく、わたしのシミュレーションでは70歳受給、150万円としています。
一応、算定根拠を示します。

現在、生年月日ごとに受給開始年齢が違いますが、間もなく65歳から受給に統一されます。
このように年金制度の現状維持ができない以上、改悪されていくことになります。それはこれからもそうなっていくでしょう。
しかしここで言いたいこと。それは

改悪は少しづつ

ということ。
65歳が68歳に、そして行く行くは70歳になるかもしれません。
あと受給額についても、現在のお約束である所得代替率50%が改悪されていくでしょう。
45%、40%という具合に少しづつ。
この少しづつというのは、具体的には10年で1段階改悪といった感じかなと思っています。
であれば、現在40代後半であれば、現状より2段階の改悪止まり。
2段階というのは受給開始年齢でいえば70歳、所得代替率でいえば40%といったところでしょうか?
それをベースに、わたしは70歳受給開始、年金150万円想定でシミュレーションをしているということです。

もっと若い人はどうか?
現在30代、20代の人はもっと悪くなる可能性はありますが、そうは言っても限界はあります。現在でも国民年金受給者がナマポと逆転している現実がある中で、改悪にも打ち止めはあるはず。
国のお偉いさんは公平性を考え、上手に制度の維持を図ると思うので悲観的過ぎるのはどうかと思います。
ここはひとまず“信じる者は救われる”でいいかと思います。



この記事のURL | お金について | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<2018年の収支 | メイン | 冷静に実を取ること>>
コメント
-  -
年金に関しては全く同じ見解ですね。
若者は年金をもらえないという乱暴な意見がありますが何を根拠に言ってるんだ?と思います。

今更この制度をどうこうすることはできないだろうから、のらりくらりとやっていくでしょう。
できるなら全国民、国民年金のみであとは自助努力でお願いしますって形がいいかなあ。
2018/12/22 06:29  | URL | クロスパール #-[ 編集]
- Re: タイトルなし -
クロスパールさん

> 年金に関しては全く同じ見解ですね。
> 若者は年金をもらえないという乱暴な意見がありますが何を根拠に言ってるんだ?と思います。
>
> 今更この制度をどうこうすることはできないだろうから、のらりくらりとやっていくでしょう。
> できるなら全国民、国民年金のみであとは自助努力でお願いしますって形がいいかなあ。


70歳、150万円はこれより悪くはならない最低のラインと考えています。
本心としては、もう少しもらえるかなーと。

仮に今の年金制度が変わったとしても、人間の老いは変えられません。
成熟した民主国家はゴミの収集頻度を半分にしてもお年寄りの生活費は守るはずです。
2018/12/22 22:47  | URL | かぴばらM #-[ 編集]
-  -
65歳~、250万円年金予定

70歳受給、150万円

5年繰り下げて、4割増しどころか4割減ですか。
そこまで考えなくてはならないほど年金財政は厳しいということですか。
150万円ということは、1ヶ月あたり12万5千円。
ここから、さらに住民税、所得税を引かれ、医療費を負担したら、幾らになることやら。
たとえ、年金が月5万円でも収入があるということで生活保護を受けられず、無収入だと月15万円の生活保護が受けられる世の中です。
年金払うのがバカらしくなっていきます。
生活保護のほうがましですね。

65歳までに資産を全て使い切って自己破産して、65歳から生活保護で暮らすのがいちばんいいのかもしれません。
2018/12/23 17:17  | URL | 見知らぬ男 #LGXmHs1Y[ 編集]
- Re: タイトルなし -
見知らぬ男さん

150万円は厳しめだとは思いますけどね。

ナマポ行政は間違ってますね。
将来何が起こるかわからないのは誰でも同じこと。だから備えが必要なわけで、それをしてこなかった人が税金で助けてもらえるのであれば、おっしゃる通り、全額使い切ってその後ナマポで暮らすのがいいに決まってますね。
2018/12/27 15:17  | URL | かぴばらM #-[ 編集]
-  -
以前よく行っていた居酒屋の大将が年金は国がくれる小遣い程度に考えていると言ってました。小遣いだから少額でもうれしいという意味です。年金支給年代の方の生活ぶりは受給額と必ずしも正比例しないと思います。義母はいくらか知りませんが、たぶん年間150万円程度で質素な生活をしていまだに貯金をしています。本人にある金を使うように言ってますが将来のために貯蓄するらしいです、82歳なのにねえ、頭が下がります。
2018/12/27 23:12  | URL | たんちん #-[ 編集]
- Re: タイトルなし -
たんちんさん

年はとっても寿命がいつかはわからないですもんね。あと10年かもわからないし、20年かも。
年金っていい制度やと思います。
2018/12/30 23:59  | URL | かぴばらM #-[ 編集]
-  -
 中学以来の友人A,Bがいます。
Aは生活保護で下北沢駅8分のワンルームマンションに住んでいます。生活扶助、医療扶助(Aは飲みすぎで糖尿病、脂肪肝、膀胱炎の治療中)、住宅扶助に加え都営交通無料、銭湯無料、NHK無料、水道基本料無料等で月に総計20万円分をタダで頂けるので週に三回は昼のみで一回は六本木で飲酒です。

Bは高卒以降50年近く仕事をしてきました。年金が月に14万円のため数千円基準を上回り生活保護は貰えません。千葉県の外れから毎日都心に嘱託で通っています。収入のうちから税金、社会保障等様々引かれ年金と併せた手取りが20万円。仕事を辞めると手取りは10万円になり、Aよりも貧しい生活となります。

これが我が国の現状です。
2019/02/10 08:38  | URL | 老いの一徹 #-[ 編集]
- Re: タイトルなし -
老いの一徹さん

リタイアを目指すわたしが言うのもなんですけど、真面目に働いてきた人が報われる世の中にしてほしいと思います。
自分のケツは自分で拭え が基本だと思います。

2019/02/10 11:03  | URL | かぴばらM #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://891116.blog.fc2.com/tb.php/351-8f706879

| メイン |