FC2ブログ
どん底について考える
2020/08/20(Thu)
コロナの影響で給料が減ったりして、それまでの生活レベルが維持できなくなると、「今が人生どん底」と感じる人がいるようです。主観的なことなので、本人がそう感じればそうなのかもしれませんが、多くの場合、それってホントにどん底か?と思うことがあります。

わたしは今まで49年間 生きてきて、どん底と思ったことは一度もありませんが、では具体的にどんなレベルにあれば、どん底なのでしょうか?
あえて基準を示すなら、5大欲求の一番下の生理的欲求を満たせない状況でしょうか。
つまり、食うものも食えない状況。

この時期なので例に出させてもらいますが、太平洋戦争中、特に南の島の最前線で戦っていた日本の兵士たちは敵からの攻撃で生命の危機にさらされていたうえに、食べるものもない極限状態だったといいます。
このような人たちのおかげで、今のわたし達の豊かな暮らしがあるわけなのでホントに感謝しなくてはいけないと思います。

それに比べ今は生活保護まで落ちようが、犯罪者になって収監されようが、食べるものは手に入りますよね。こんないい時代に軽々しくどん底なんて言わないでほしいものです。

貧困状態にあることを表現する時に「パンをかじって生きる」とか言うけど、あの表現にも違和感があります。
わたしの意見としては、身の安全が確保された場所でパンを食べられるなんて、そんなものはどん底でもなんでもない。
ましてや今の人のどん底状態とは「食べるものもない」と言っておきながら、子供の塾代は削れないとかスマホは手放せないとかそういったレベル。

「歴史に学べ」とはよく言いますが、学んで自分に当てはめて具体的にどう生かすかが大事。
わたしは歴史に学び、ハングリー精神を養えたことで早期リタイアが達成できたと思っています(冗談ではなく)。
わたしに限らず、リタイア達成者がそれ以外の人と何が違うのかと問われれば「ハングリー精神があるかどうか」と言えるのではないでしょうか。



この記事のURL | 雑感 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<年金はいつからもらう? | メイン | カネは生きているうちに使え>>
コメント
-  -
大きな声で言うといろんな所から火の粉が飛んできそうで面倒なので言いませんが、私も同感です。

こういうのを贅沢病っていうんじゃないのかなと思います。
2020/08/20 20:00  | URL | クロスパール #-[ 編集]
- Re: タイトルなし -
クロスパールさん

贅沢病。その通りですね。
とか言う自分も、今まで食うに困るほどの貧困を経験したわけではないんですが、なぜかハングリー精神は人一倍あるんですよね、不思議。

2020/08/21 09:41  | URL | かぴばらM #-[ 編集]
-  -
食べる心配を未成年が体験することが一番痛いですねえ。
2020/09/01 12:27  | URL | たんちん #-[ 編集]
- Re: タイトルなし -
たんちんさん

ホントそうですよね。
そんな時代のことを思い浮かべれば、今の貧乏暮らしなんて屁でもないですわ。
2020/09/01 21:21  | URL | かぴばらM #-[ 編集]
-  -
こないだ、日本に産まれて飲んで食って暮らしてるだけでラッキーそのもの、みたいなツイートをしたら、いいねが集まりまくってちょっと驚きました。
そう思ってる人が案外少ないのかもしれないですね。
たぶんですけど、消費喚起の広告業界としては不安を煽ったり不幸感を演出することで焦って消費が伸びる傾向にあるのでその洗脳がけっこう効いてるんだと思います。
自分を不幸と思ってる人が日本は多いみたいですね。
2020/09/03 21:27  | URL | 招き猫の右手 #-[ 編集]
- Re: タイトルなし -
招き猫の右手さん

そんなツイートしてたんですね。すみません、あまりTwitterに入らないもんで。。
でもそのツイートの通りだと思います。

まったく同じレベルの生活であっても、楽しく生きていると思える人とそうでない人がいるのは確かでしょうね。
スーパーでの毎日の食品のお買い物さえ楽しめるようになると強いと思うんですけどね。
2020/09/03 21:42  | URL | かぴばらM #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://891116.blog.fc2.com/tb.php/379-5f0957c0

| メイン |