スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
気楽に稼げたらいい
2014/08/30(Sat)
夏の終わりのこの時期は我が社では人事異動の発表がある時期なのですが、自分と歳の近い社員が出世していく人事がでることがあります。
そういった人事が発表されると同僚または部下からは「次は○○さん(自分のこと)の番ですね」などと言われたりします。「自分は無理無理」と言ってその場は取り繕いますが、本心は「出世なんて興味なし」といったところです。
いま中間管理職についている自分が将来のある若い人に対してうしろ向きな発言をするのは良くないと思うので本心を口にすることはないのですが正直どうでもいい、と思ってます。

この問題は「役職」「収入」「仕事のストレス」をどのように位置づけるかがポイントです。さっきから言っているように自分は役職には興味がありません。収入は少ないより多い方が良いに決まってます。ただしそれは仕事のストレスの度合いが同じだったらという条件付きです。年収700万円の係長と900万円の課長ならどっちをとるのか?ストレス度70%の係長とストレス度100%の課長なら今の自分なら絶対に前者をとります。それどころかハイペースで資産を積み上げる必要がないいまの状況なら500万円のストレスフリーなヒラ社員で十分です。やはり重視すべきは投資効率ならぬパフォーマンスでしょう。

最近は年に1回実施の昇格試験を受けない社員もいます。そういう彼に対して試験を受けるように説得するのが良い上司のようですが自分はそこに違和感を感じます。みんながみんな上位職になりたい人ばかりではないはずです。組織の末端で実務を行い、その分野でより技術を上げたいと思う人もいるのです。

仕事は人生の一部です。あくまでも仕事は人生より小さな円であってそれより大きくなることはありません。人生=仕事のような100%仕事人間もいるでしょうが、リタイアブログの皆さんのように仕事が占める割り合いをゼロにしたいと思う人もいます。それは個々人の考え方であって他人がどうのこうのいうことではないと思います。

この時期は中間管理職としてふさわしくないそんなことを思っています。

この記事のURL | 仕事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<人生を楽しむのが最優先 | メイン | お葬式の最中のみ思うこと>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://891116.blog.fc2.com/tb.php/82-51938fd1

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。