退職金を減額される
2016/11/25(Fri)
退職金のネタについては以前にも記事にしました。
早期リタイアが視野に入っているものとしては当然計算できるものは計算に入れてもいいと考えます。

わたしの会社では人事制度の変更による給与制度の見直し・・・という理由により退職金規定の変更がなされました。
新しい人事制度により旧制度の退職金モデル水準(受取額)が減少することになる。旧制度の水準に近づけるため規定の変更をする、というのが会社側の説明です。

60歳まで働く意思のある人はまだまだ先の退職金のことなど興味もないのかもしれませんが、そうではないわたしにしてみれば知っておかなければいけない問題です。
今までも今退職したら○○万円というのは把握していましたが、今回の制度の変更でその前と後で積立額がどう変わったのかを調べてみました。

わたしの会社では退職金の積立額は毎月「基本給 x 定められた係数」によりはじき出された金額です。
それが毎月積み重なっていきその累計額が退職時に支給されるというもの。つまり毎月の積立額を知ればいいわけです。

で、変更の前後でどう変わったか?


(変更前)毎月5万5千円 ⇒ (変更後)5万円

約9%減!

おいっ、この差大きいやろ!!
てなものです。

当然、係数は社員ごとに異なり積立て金額は違ってきます。金額はともかく大半の社員は1割程度下がったこの事実を知らないと思います。
(退職金を計算してる社員はたぶんごく少数w)

会社は○○厚生局に認可申請する必要があるので社員の同意書をとるのですが、規定の変更については大まかな説明のみ。
退職金額にどう影響を及ぼすかという具体的な個人ごとのシミュレーションまでは示されません(同意書をとるという時点で察しないといけませんが)。
集合説明会があってその場で捺印を迫られます。
会社は労働の意義にも関わる重要なことをいとも簡単に改悪します。

説明書には「旧制度の水準に近づけるため」と書かれていて同額を維持するとは書かれていません。
まあ会社が半分傾いているのでこの件については予想の範囲内ではあるのですが、この事例に限らず言葉のひとつひとつの裏をしっかりよむ癖をつけることが必要です。



この記事のURL | お金について | CM(8) | TB(0) | ▲ top
家計改善の基本
2016/09/19(Mon)
家計(支出)を改善したいと考えている人は大勢います。
わたしがその人たちにアドバイスするとするなら、それは

生活に身近で習慣化していることをいかに抑えていく

かということ


を言いたいと思います。

習慣化しているというのはつまり、いつもしていること。そのいつもしていることに投じるお金は当然多額になります。
その大きな費用項目に手を付ければ家計に良い影響を及ぼすのは当然です。
バケツに空いた穴は大きいのから順にふさいでいくというのはまさにこういうことです。

その身近で習慣化しているもの、その代表格が毎日行くカフェ、酒、タバコ、風俗等男の遊び、パチンコ等ギャンブル全般ということになるでしょうか。
もっと言えば1日3回の食事、女性なら化粧品などの美容費が当てはまります。

車や家もそうなのですが、これについてはそれに手をつけることで今の生活が成り立たなくなり、マイナスの面が大きくなってしまうという性格のものなのでここでは論じません。(これは中長期的な視点で個人個人が戦略的に考えるべきもの)

もちろん趣味、嗜好を持つことは健康で文化的な生活を送るうえで必要であり悪いということでは決してありません。
適度に遊ぶ分にはストレス解消になっていいことが多いと思うのですが、それが習慣化することにより当たり前の日常になることは避けた方がいいのではないでしょうか。

当たり前の日常、つまりその人にとってある種の中毒症状になってしまうとそこから抜け出せなくなり、その人にとってその費用項目は聖域となり手を付けようとしなくなります。
つまり

家計のなかで事実上の固定費となってしまう


ここが一番の問題なのです。

なかなか節約ができない人がいるようですが、本気で出費を抑えたい人は今の自分の消費生活を洗い出して何を残して何を止めるのかということを考える必要があるでしょう。
当たり前の結論ですが、あれもこれも止められないでは家計が改善することはないということを認識する必要があります。



この記事のURL | お金について | CM(4) | TB(0) | ▲ top
資産状況を見てショックを受ける
2016/09/05(Mon)
2016年も3分の2が終わりましたね。
てなわけでざっくりと資産状況を集計してみました。

結果、全然ダメ。


過去数年は株価上昇の恩恵もあり年間500万円以上は資産の上積みをしてきましたが今年は軽く計算したところ・・・
約200万円の上積み。

えっホントに? 間違えてないか、これ!?


数年前に第二次安倍内閣になって株価が上昇してそれに変に慣れていましたが今年は市場の低調が続いてこの結果。
わたしは20代前半に投資を始めて20数年、酸いも甘いも経験してきたつもりですが、ここに来てこの伸び悩みはなかなかじれったいところです。

ここ数年で投資を始めた人は初めて味わう厳しい世界という感じでしょうか?
年初に大きく下げてその後はなんとか維持していることを考えるとメチャ悪い年というほどではないんですけどね。

資産運用の利回りを継続的に5%とか10%とか想定している方は、いい時もあれば悪い時もあるという当たり前のことを認識するいい機会になったかもしれません。

プロ野球のマジック消化のようにすべて自力に頼る必要はありませんが、自力と他力とのバランスをどこでとるかということは早期リタイア希望者にとっては大事なこと。
あまり他力に頼ることなく平穏無事に人生を送りたいと考えています。




この記事のURL | お金について | CM(8) | TB(0) | ▲ top
早期リタイアに向けて必要資産はいつ準備する?
2016/08/11(Thu)
わたしは昔から会社で出世したいと考えたことはありませんでした。
とはいっても出世したら収入がアップするのも事実。
早期リタイアを目標とするなら収入を最大化することは大きなポイントなので仕事を頑張って収入をアップするのが正しい道。

就職して24年目のわたしが自分の労働の歴史を振り返ると自己評価はなかなかのものです。。
点数を付けると80点くらいあげてもいいかと思います。

なぜかというと31歳という若い時期に課長級の職位に就き労働による収入アップという点では成功してきたからです。
世の一流企業と言われるところと比べるとたいした収入ではないのですが、少なくともわたしの勤める会社では同じ勤続24年目の人と比べると累計収入でトップクラスなのは間違いありません。

労働収入は投資による収入とは違って働けば確実に手に入ります。

人生の残された期間にもよりますが、数千万円程度の投資による不労所得で冷や冷や危ない橋を渡るよりは、生涯支出を把握して安心してリタイア生活を送れる資産を在職中に形成することが肝心です。

働くのがいやで早期リタイアするんでしょ、と言われそうですが人生を賭け事にしてまで焦りは禁物と考えています。



この記事のURL | お金について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
生活費の想定(2016.04)
2016/04/11(Mon)
わが家はここ数年で少しづつ家計改善をしてきました。
現在の月間生活費はこの通り。

国民年金  0円(天引き)
健康保険・介護保険  0円(天引き)
医療・死亡保険  4千円
固定資産税  9千円
自動車2台分  2万7千円
食費  2万5千円
水道光熱費  1万7千円
通信費 1万2千円
理・美容費 8千円
交際費  5千円
おこづかい  2万5千円
趣味・娯楽費  5千円
衣料品・日用品費  1万5千円
医療費  5千円
旅行積立  1万円
支出計 16万7千円

年間(x12)  200万7千円


なんといっても自宅ローンを完済したことで住居にまつわる支出が固定資産税の月9千円のみとなったのが一番大きいのですが、その他の支出項目にもメスを入れることで現在のわが家の年間生活費は上記の通り約200万円になりました。
このまま働き続けるかぎり、この200万円からさらに大きく減らすのは難しそうですから早期リタイアまでは年間200万円で計算が成り立ちます。

ではリタイア後はどうか?
わたしは早期リタイア後は年齢により4段階で支出額を想定しています。
①リタイア後~64歳まで
②65歳~69歳まで
③70歳~79歳
④80歳~

なぜ4段階かというと単純に支出額がこのくくりで異なるからです。

①は会社員でなくなることから社会保険料の支払いが天引きでなくなるため、支払いベースでは今より30万円増です。現在の生活費+国民年金保険料+国民健康(介護)保険料-車1台分 =年間約230万円。
年金と健康(介護)保険合計月約4万円は納める予定なので支出増。一方、わたしの車は処分するので月1万5千円減です。

②は65歳で国民年金保険料の支払いが終了するとの想定から①と比べその分約40万円分支出減となります。その他支出増の項目も一部あるので年間支出額としては約210万円といったところ。

③は70歳で奥さんの車を処分するとの想定から②と比べて15万円分の支出減です。
年間支出額としては約200万円といったところ。

④は③と何も変わりませんが生きているかどうかもわからないのに余裕をみる必要はないという考え方から最低限の生活ができる金額・・・それが年間180万円です。

わたしはリタイアブロガーさんの生活費想定も参考にさせてもらっていますが、ブロガーさんによって設定の有無が分かれる支出項目があります。
それはリスク・メンテの見積り。
わたしのいうリスク・メンテとは住宅の維持修繕費、想定外の医療介護費用といったものに充てる支出をいいます。
(今は働いているのでそのリスク・メンテのカバーはなんとでもなるので上記支出項目には入れてありません)
住宅の維持修繕費はある程度想定できるのでいいのですが、問題は医療介護の方。
医療介護保険制度の充実、個人保険の加入もしておりどう考えればいいのかわからないのですがゼロというわけにはいかないのでは?と思います。
これをひっくるめて月3万円を充てる予定。
これで年間36万円が①②③④の合計額に上乗せされます。
この費用をどう考えるかによって変わってきます。

このリスクメンテの年間36万円は不安打ち消し料としての役目も担わせています。
この数字をクリアできれば問題なく早期リタイアできると考えています。



この記事のURL | お金について | CM(2) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ