家は住み心地で選ぶ
2018/02/26(Mon)
多くの世帯で支出額が上位にくるのは住居費ですね。
これを考える時には住居の形態をどうするかということになります。

よく賃貸がいいとか購入がいいとか住居を所有するということの是非について議論があるようなのですが、所有するかどうかの議論ってそれが進むと議論をする人の専門知識の競い合いのようなことになって下手をすると議論にとどまらずケンカ腰になっていたりするのを見るとすごくイタイタしく感じます。
だからあまり参考にならないことも多いですね。

ここではあまり論点を広げずしぼって考えることが大事かと思います。

ホームレスになることを望んでいない多くの人にとっては自分が一生住む家が必要になるのですが、その家に同じ金額を出すのであれば、どっちが満足度が高いのかという個人の単純な視点で考えればいいと思います。
デベロッパーがこのように搾取しているからこっちの方がいい、とかそんな構造的な問題は何もこの業界だけに存在するわけじゃなくてどの業界にもあること。そんな変えようもない外部の事情を持ちこんで損得勘定するのではなく、各個人の住み心地とその費用とのバランス、つまりコストパフォーマンスで計ればいいと思います。

わたしはと言えば住み心地の問題から「購入」を選びました。

わたしは子供の頃から一戸建てに住んでいましたが就職してから賃貸マンションに住んだ時期もありました。
そのマンションに住んでみて感じたこと・・・
それは騒音の問題です。
騒音といっても我慢できないレベルではなかったのですが、夜寝静まる時間帯に上の階の住人が歩く足音は聞こえてしまっていました。そのマンションは11階建てでしっかりとした建物に見えたのですがこんなものかと。。

そのマンションは会社の借り上げマンションでわたしの負担は実質ゼロだったのですが家賃は月7万円ほどかかっていたようです。
月7万円。
わたしが購入した自宅はローンは完済していますが過去に支払った金額+将来発生する費用を足しても一生、月7万円払っていくほどの金額はかかりません。そして住み心地は上記の通り自宅の方が上。
こうなると賃貸でいく理由が見当たりませんでした。

賃貸だとフットワーク軽く移動できるという利点はあるので何を重視するかということになるのですが、年齢を重ねると フットワーク<住み心地 となる気がしています。
購入してローンを3000万円とか組むのは大問題ですけどね。



この記事のURL | 雑感 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
煙たい高齢者の傾向と対策
2018/02/23(Fri)
わたしは60歳代以上の人(男性)の態度について今まで何度も批判をしています。
わたしは仕事でお客様からクレームを受けることが多いのですが、上から目線で説教じみたことをしつこく言い続けるのはその年代の男性がほとんど。
なぜそうなるかと言うと、かつて部長職など会社の要職に就いていた人が定年になって“ただの人”になったのにその自覚がなく以前と同様に威張っているという具合。過去の栄光ってやつです。

わたしも会社という組織に身をおく以上、上司にはペコペコしますが、それはあくまで部長という肩書きの○○さんに頭を下げているのであって、その肩書きがなくなったらそんな必要はないと考えています。もし社内であっても上下の立場が逆転したら向こうがペコペコすべき。

でもなにがその人たちにそうさせてしまっているのか?

そういう人たちは自分の人生をどう生きるかではなく仕事が人生そのものであり仕事100%でやってきたのです。
仕事=人生 という古い価値観だけならまだしも、問題はまじめに働いている現役世代に迷惑をかけ続けていること。
要するに仕事ばかりやっていると引退してからその副作用として周囲に迷惑をかけ続けるのです。一生懸命仕事をするにしても全力ではなく“あそび”があってちょうどいい。せいぜい80%くらいでしょうか。

しかし、こういった人たちに迷惑をかけられているまともな若手がいる以上、わたしも批判だけではなくどう対策するかを考えないといけません。働き方改革の議論もいいですがこの対策も国会で議論してほしいくらいです。

まずはその高齢者たちに定年を機に頭の中を切り替えてもらう必要があります。
成人や就職する時に大人や社会人としての心構えを聞かされることがあると思いますが、それと同じように定年を迎える人には煙たい高齢者にならないための心構えを悪い事例などを示しながらしっかりレクチャーした方がいい。この受講を義務付けるくらいでちょうどいいと思います。
もし悪い事例が必要ならすぐに100くらいは提供できますのでわたしの方までご連絡くださいw



この記事のURL | 雑感 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
正義感とのつきあい方
2017/11/06(Mon)
ほとんどの人は自分の都合のいいように言動を使い分けます。

例えば火事で家族を亡くした時。
遺族がテレビカメラの集まる前で
「どうして(建物の管理者は)安全な状態にしてくれていなかったのか」
と涙ながらに訴えます。家族を亡くしてしまったわけなのでそう訴えるのはごもっとも。

しかし実際そのように訴える人は今までその安全な状態にするために自分の職場などで防火に対して意識高く行動したか?

いいえ、行動していません

ホテルやショッピングセンターなど建物の防火管理者が何度も防火について教育指導しても、末端の従業員はお構いなしにしてはいけないことをします。わたしの経験上、そういった万が一のことに対して意識を高く持っている人なんてそうそういません。
防火扉の設置場所などモノを置いてはいけない場所に平気でモノを置く人もいますし、自分は置かなくてもその不適切な状態を指摘までする人はいません。

まぁ、確かに指摘するかといったらしないかもしれませんけどね。特にプライベートで仲の良い友達と楽しくショッピングをしている時にそのショッピングセンターで防火管理上不適切な状態を見つけたからといって、正義感からその場で管理者に注意するか?
もし注意しようものなら友達からしたらウザイ人になるわけで、それを考えると黙認するのが普通。

一方で先日の高速道路上での事件のように、サービスエリアでの駐車違反に対して逆ギレ覚悟で注意をした結果、とんでもない交通事故というか事件に巻き込まれた例もあります。交通事故に会わないように注意した結果がコレです。

望まない結果にならないようにするために正義感はほどほどに・・・ですね。



この記事のURL | 雑感 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
2020東京オリンピックでの宿泊
2017/10/11(Wed)
まだ先の話ですが2020東京オリンピックのお話。
リタイア後にオリンピックを開催期間中ずっと現地で観戦する、というのがわたしの将来の大きな楽しみになっています。
これをしないと何のために生きているのかわからないというくらいのレベル。

そこでちょっと心配していることがあります。
それは日本中世界中から東京に人が集まる大イベントに対して迎え入れる宿泊施設はキャパ的に大丈夫なのかということ。行ったはいいけど野宿じゃシャレにならないですから。

わたしは最低2週間は現地に滞在することになるので、いつもの1泊旅行のようにマンキツに泊まるというわけにもいきません。ちゃんとしたホテルかマンスリーマンションを確保しなければと考えています。

メインのオリンピックスタジアム周辺のホテルは予約が殺到すると言われていますが、わたしがそんな都心部の高級ホテルに泊まることはないのでそれは問題ありません。問題なのは東京全体または周辺の宿泊施設がキャパオーバーにならないかということ。
普通の夏休みでもすぐ満室になるのに大丈夫なのかな。中国からもいっぱい来そうだし。。

開催期間はすでに決まっているわけだから、やっぱり1年、2年も前から予約をいれないといけないのでしょうかね?

宿泊予約をするにしても、まずは何の競技を観戦したいのか?から始めないといけません。
オリンピックといってもすべての競技を観たいというわけではありません。わたしが観戦したいのは、陸上、柔道、体操、バレーボール。これは絶対外せません。

それぞれの競技会場も既に決まっているので調べてみたのですが、大きくふたつのエリアに分かれます。
都心部とベイエリアです。
柔道が行われる日本武道館は皇居の近く。開会式や陸上競技などが行われるオリンピックスタジアムは神宮球場の近くです。ここまでは都心部エリアでの開催。
そして体操、バレーボールは有明周辺のベイエリアです。

ご存知のように都心部とベイエリアは少し離れています。

これをもとに宿をどのエリアに押さえるかということ。都心のホテルに2週間も滞在するというのは経済的に厳しい。ということはどちらにもアクセスの良い中間地点に宿をとるのがいいと考えるのが自然な流れ。
具体的には江東区の北部(墨田区寄り)といったところか。開催スケジュールが確認でき次第、早く動きたいと考えています。

この宿を押さえるという行為が自分にとってサラリーマン生活を継続することができない、という縛りになるとも考えています。
こういう近未来の楽しいことをアレコレと考えるのってテンションあがりますね。




この記事のURL | 雑感 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
自分のコントロールは自分でする
2017/09/08(Fri)
早期リタイアに向け取り組む中で大事なこと、
それは

自分がコントロールできる範囲を広くしておく

ということかと思います。

人によって置かれている環境はさまざまですが、自分の意思に反することをしなければいけないことってあると思います。

例えば
・妻子を除く身内に自分が(経済的を含むすべてにおいて)面倒をみなければいけない人がいる
・結婚した相手に絶対譲れない趣味・嗜好があり、その出費が大きい
など。

このようなことがあると資産形成という命題がある人が目標に向かって全力で走ろうとしてもできません。言ってみれば障害物競走を走っているようなもの。これはかなりのストレスになります。

人によっては生まれおちた環境により最初っから不幸な立場に立たされることもなくはないですが、少なくとも自分からわざわざ不自由な環境を選ぶようなことをしてはいけないと思います。

これに関係することとして、このブログカテゴリーでよくあるのが『早期リタイア』と『結婚』をどのように考えるか、という問題。
どちらにより重きを置くかということが前提になるのは言うまでもありませんが、独身者の圧倒的な強みは自分の思い通りに生きられること。これは独身者が独身者である限り持っている大きな大きな特権です。

結婚したら得られる特権もありますが、結婚していないからこそ持っている特権も忘れてはいけません。

自分を一番理解しているのは自分自身であり人生を

コントロールする権利は自分が持つ


ということを認識すべきだと思います。

病気など自身に起因することは仕方ありませんが、その他の負の部分はシャットアウトできる・・・やはり独身者の方が早期リタイアまでのハードルは低いということになります。

セミリタイア生活ブログを見ると、結婚して早期リタイアに向けうまく取り組んでいる家族もいるし、早期リタイアを達成し、なおかつ家族との関係も良好という人もいます。
しかし全体としてみるとそのような成功者は少数派なのだと思います。わたしがブログで交流させて頂いている方はその少数派に属する方が結構いますが逆に言うと、そのようにうまくいっている人だけが「セミリタイア生活」カテゴリーに残っているように思います。



この記事のURL | 雑感 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ