底辺層と関わらないことの大切さ
2018/05/10(Thu)
風薫る5月といいますが、やはり気持ちがいい気候ですね。
一年でいうと5月、10月あたりが一番気候がいい月かと思います。
気候がいいということは多くの人が外出をするということ。多くの人…それは良い人だけではなく、悪い人もたくさん街に出てくるということす。

わたしはショッピングセンター内に勤めているので、お客様のクレームに頻繁に対応するのですが、やはりこの5月、そして10月というのは頭がいっちゃってるクレーマーが非常に多いと感じます。

運営面や施設面に対してのクレームもあるにはありますが、なんといっても一番多いのは接客応対など人に対してのクレームです。
5月に入ってからも何件も対応していますが、そのクレームの内容というのは取るに足りないどうでもいいようなこと。

従業員Aさんと従業員Bさんがおしゃべりをしていて気分が悪い、とかそんな程度のことです。
この内容の苦情って多いんですが、従業員同士のおしゃべりってそんなに気になるか?自分も客として他の店に行くことはあるけど、そんなことどうでもよくねえ?

クレーマーというのは買い物に来てたまたま気分を害されたから文句を言うのではなく、文句を言うことを目的に店に来て、それから店のあら探しをします。すべてが完璧な店なんてありえないので、文句を言う材料が尽きることはありません。上げ足とりも大好きですしね。

そしてクレーマーの最終目的は責任者を引っ張りだすことなので、その目的を達成したらほとんどの場合、「頼みますよ!」と言って帰っていくんですけど、まあ面倒くさいですわ。ブログに嫌がらせコメントを寄せる輩にそっくりw

そして、そのようなクレーマーには共通点があります。
それは非リア充であるということ。
よく自虐的に自分自身のことを非リア充と言ったりしますが、クレーマーは本物の非リア充。
自分より立場の弱い人にしょうもないことで攻撃してストレスを解消しようとするこの人たち…人生の不幸感ハンパないですわ。
これぞ

THE 非リア充

この人たちが社会の底辺層であることは間違いないのですが、自分がそういう人たちと接点があるということ自体が情けないと感じる次第です。




この記事のURL | 仕事 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
貧困化した人をどう評価するか
2018/05/07(Mon)
ネットの記事を見ると日本社会の貧困化が取り上げられていますね。
わたしはあまり真に受けてはいませんが、それについて思うことを書きます。

その貧困化してしまった人にインタビューをすると
「人生途中までは順調だったけど、その後、思いもよらぬことが起きて転げ落ちるように貧困に陥り今に至る」
というケースが多いです。
その思いもよらぬことの代表例が病気、リストラ、離婚。

これらのことって若い時から十分想定内のはずで、どうして若い時から貯金をしておくとか事前に手を打たなかったのか?
記事を見た人の中には『バカだなぁ』と思う人もいるかもしれません。

しかし本当のところはどうなのでしょうか?
本当にその人たちはバカなのか?

その貧困化した人というのは、想定できるリスクなどお構いなしに若い時から貯金などせず全力で遊んできた人たちです。
その後、人生後半にそのリスクが現実化したとしても、その時はその時で生活保護など社会の手厚いセーフティネットがあることを彼らは知っています。

そう。人生を前倒しで謳歌してきたうえに、人生後半も健康で文化的な生活は保障される。つまり、考え方によっては負けなしの人生なのです。
前半勝ち、後半引き分けの言ってみれば1勝1分。

一方、若い時から真面目に働き遊ぶこともせず、少ない給料をコツコツ貯めてきた人というのも前者と同様、想定外のことでお金を失ってしまうことがあります。
将来に向け慎ましい生活をしてきた人はその結果、人生前半は苦労し、後半も報われないということになります。
言ってみれば1敗1分。

さて成功者はどっちなのでしょうか?
もしリスクが現実化してしまうという前提であれば、前者の方が正しい選択になる場合もあります。

人生の後半に不安なく生活を送ることができる というのが理想と考えられがちですが、人生のどのタイミングで楽しむかというのは本来自分自身が主体的に決めること。
若いうちにその判断をして、楽しめる時に楽しんでおいたその人は決してバカではないのかもしれません。



この記事のURL | 常識・非常識 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
「生きる」と「楽しむ」をごちゃまぜにしない
2018/04/30(Mon)
ゴールデンウィーク真っ盛りですね。今年のGWは最大9連休という人もいるようですね。
学生の時は当たり前のように毎年夏休みになると40連休とかとれていたのに、社会人になると9連休でも超絶うれしいんですよね。

今日は人間の年齢を夏休みの期間と対比させて、冷静に自分の現在地を知ることとしたいと思います。
なぜ夏休みかというと夏休みは恐怖の8月31日に向けて、どう過ごすかを考えるいい機会で人生の縮図のような感じがするからです。

わたしは男性なので男性の年齢と夏休みを対比させてみます。
ざっくり日本人男性の平均寿命を80歳。夏休みを40日間(7月下旬~8月31日まで)とします。

ということで現在40歳の男性は夏休みでいうなら、中間の8月11日くらいになります。

50歳なら8月16日。お盆も終わり夏休み『後半』感が出てくる頃。

多くの人が定年を迎える60歳は8月21日です。夏休みの宿題に手をつけないとやばい時期です。遅くともココで現在地を知ろうとしないと最後に後悔することになると思います。

夏休みは終わりが決まっているけど寿命は80歳とは限らず、もっと延びるかもって?
たしかに多少の差はありますが、実際のところそんなに変わりません。
90歳まで生きるのは男性では10%代に過ぎないわけで、自分はもっと生きられるとか根拠のない自信を持つべきではないでしょう。
もし仮に90歳、100歳まで生きたとしてもそれは生きているだけ。死んではいないというだけです。
健康寿命に至っては72歳ですしね。

「生きる」のと「楽しむ」のとはまったくの別物

わたしは90歳までの生活費シミュレーションをしていますが80歳以降は最低の生活費しか計上していません。
そんな時期に楽しもうなんて思ってないし、生きているかどうかもわからないのに40代、50代と同額の生活費を計上するはずがありません。

世間では65歳定年に移行しつつありますが、目の前の小銭に目をくらませることなく楽しい時間の使い方を意識したいと思います。



この記事のURL | 雑感 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
リタイアブロガーと一般人の違いは・・・
2018/04/16(Mon)
リタイアブロガーさんが一般の人に比べ勝っているものは何でしょうか?
思いつくのは支出の管理能力でしょうか。
ブログを見る限り、多くのリタイアブロガーさんは賢く節約ができているように見えます。

しかし、ホントに一般の人は支出管理能力が劣っているのでしょうか?
答えはNO!
そんなことはありません。

どこの会社でも中間管理職くらいになれば、担当する部署の収支の管理を求められることがあると思います。
わたしの会社でもそうで、会社の同僚を見るとお金の出入りについてしっかり管理ができています。
特に支出の方。
人件費や水道光熱費はもちろん、その他消耗品なども不必要なものや他の物で替えられるものは購入することを避けています。
このように、きちんと支出管理能力があって、だいたいの人は管理職として合格点をあげられると思います。


しかし、その同僚たち個人のお金の管理についてはどうでしょうか?

見る限り、財布のひもはゆるゆるです。
例えば、昼食。
毎日のように外食で、しかも1000円くらいの結構いいランチを食べに行き、その後、スタバでコーヒータイムとか。
愛車は外車で、趣味はゴルフ。身につけているものもリア充が好みそうな流行りのものを追っている感じです。
しかも会社の売上が足りない時は自腹を切って自社製品を購入していたりもします。

生活の糧を得るために会社に行っているのに、生活の糧を少なくしてしまってどうするよ?とわたしが思っているのはいうまでもありません。

みんな心の中では「仕事かったり~」「一年続けて休みて~」とか思っているのに、その実現のために必要な個人のカネの管理はゆるゆるなのが現実かと思います。

そうです。

会社ではきちんとできるのに個人ではできないのです。

これが不思議。

この不思議の正体は何なのかを考えて出た結論は・・・

自分が大切にするモノの順位が違うということです。

一般人は会社が一番で自分自身は二番目なのです。
自分を犠牲にしてでも会社を守る悦びが欲しい。
つまり一般人は、根がドMということに落ち着きました。



この記事のURL | 雑感 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
理想の資産カーブ
2018/04/06(Fri)
先日、どこかのサイトで世代別の平均貯蓄額の記事が載っていました。
これをグラフにするとこんな感じになります。

とも


こういう記事は見飽きた感もあるのですが、世の平均的な人たちの多くは人生最期の時まで家計が破綻することはないわけなので、我々リタイアブロガーもこれを大幅に下回ったりしない限り人並みの生活はできると考えていいでしょう。

わたしも将来の貯蓄額を可視化して、今後予定しているお金の出入りに問題がないか あらためて確認してみました。
平均貯蓄額のグラフにわたしのプランのグラフを合わせるとこんな感じになります。

こ


もちろん わたしの歩む道は赤の線。
見ての通り、40代で平均世帯(青線)とは貯蓄額の差が大きくありますが、50代以降徐々にその差は縮まって80代でほぼ同じになります。
『健康で人生楽しめる時に楽しんでおく』
という考えのわたしが目指す まさにベストの資産カーブです。

ちなみにあり得ない設定ではありますが、60歳まで働いたことを想定した時の貯蓄額もグラフにしてみました。はい緑の線です。

今の生活レベルを続ける限り、支出より収入の方が多いわけなので当然ながらその労働収入が途絶える直後の60代が頂上にきます。
額に差はあれ、青の線と頂上の世代は同じです。
多くの人がこの60代頂上カーブにしようとしているのは、収入が途絶える年齢にお金の量が最大になることで今後の生活の安心を得ようとしているため。

考え方としては、わたしも多くの人たちと同じです。違うのは収入が途絶える年齢だけです。なので40代で貯蓄額が最大になっているということです。

一見すると、緑の線だと老後は安泰でしょう。経済的には不安要素は見当たりません。
しかし、ここで見失ってはいけないのが、どうやって人生を楽しむかということ。
貯蓄の上限は有りませんが、人生(正確には楽しめる時間)は有限です。
縦軸と横軸のバランスを意識しながら人生を楽しむ、そして上手にソフトランディングしたいと思っているわたしは、このグラフを見てちょっと安心しました。



この記事のURL | お金について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ